一番人気鍋焼きうどんの作り方。定番以外の各家庭オリジナルオススメ具材は?

鍋焼きうどんの画像
これからどんどん寒くなってきますが、寒くなってくると食べたくなるのが鍋焼きうどんではないでしょうか。

鍋焼きうどんは作るのが簡単ですが、中に入れる材料は家庭によって違うと思います。

そんなご家庭によって変わる具材ですが、どんなものがあるのでしょうか。

 

Sponsored Link

人気の鍋焼きうどんレシピ

鍋焼きうどんでも、どんな鍋焼きうどんが人気なのでしょうか。

調べた中で一番人気のレシピをご紹介します。

我が家の鍋焼きうどん

材料
  • うどん       3玉
  • 鶏もも肉      300g
  • にんじん      1/3本
  • ほうれん草     1/2束
  • 長ネギ       1本
  • しめじ       1パック
  • ○出汁       6カップ
    ○酒        大さじ4
    ○砂糖       大さじ1
    ○みりん      大さじ2
    ○しょうゆ     1/2カップ
★作り方★

1)○の材料を混ぜて煮立たせておく。

2)鶏もも肉、にんじん、しめじを一口大に切り、①の中に入れる。

3)ほうれん草はゆでて、長ネギと同じように食べやすい大きさに切る。

4)鶏肉や野菜に火が通ったら、うどん、ほうれん草、長ネギを入れる。
うどんが好みの柔らかさになれば完成!

 

 

定番以外のオススメの具材は?

調べていて、ほとんどのレシピに入っている定番の具材が鶏肉、にんじん、ほうれん草、長ネギですが、それ以外にどんな具材が合うのか、いくつかご紹介します。

 

かまぼこ

お店の鍋焼きうどんにはよく入っているのを見ますね。

たまご

溶き卵でも温泉卵でも、どんな形でも合いそうですね。

天ぷら

サクサクが好きな方は別盛りで、トロトロが好きな方は一緒に煮込むとおいしいですね。

しいたけ

出汁を多く吸ってくれるので、干ししいたけがおすすめです!

油揚げ

出汁を多く吸った油揚げ、大人も子供も好きだと思います。

ちくわ

一緒に煮込んでもトッピングでも、どちらにもおすすめしたいです!

魚介類

エビやカニ、カキなどを入れると、雰囲気が変わって美味しいです。

キムチ

キムチ鍋感覚で食べられるため、いつもと違ったものが食べたい方にはとてもおすすめです!

 

 

まとめ

鍋焼きうどんは、お鍋感覚でどんなものを入れてもおいしく食べられそうです。

寒くなってくると作りたくなる鍋焼きうどんですが、いつも同じだと飽きてしまうと思います。

たまには、いつもと違う具材を入れて雰囲気を変えると、全く違うものの様に感じます。

また、野菜が苦手なお子さんでも、煮込むことでたくさん食べてくれることがあります。

うどんを少なめにして、お好きな具材を多く入れても、たくさんの種類を食べることが出来るので、ぜひたくさんの具材を入れて、楽しんでください。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒天の画像
寒天をダイエットに上手にとりいれる方法。トマトと寒天はダイエット最強コンビだった!

いくらダイエットを頑張っても、ほとんど効果を感じることなく諦め

母乳を飲む赤ちゃんの画像
母乳が出ないのは栄養不足だから?産後の母乳に良い2大ハーブの効果と効能

ママになると誰でも一度は母乳についての悩みを抱えてしまいますね

寝不足の画像
休息不足がひき起こす体調不良とは?睡眠障害を解消させる5種の成分の上手な摂り方

何だか毎日体がだるい、よく寝たつもりなのに疲れがとれない、そん

更年期の画像
女性ホルモンの減少を抑え更年期を乗りきるコツとは?更年期障害を緩和させる成分エクオールを作る

女性にとって閉経前後に迎える更年期は避けては通れない道ですが、

間接通の画像
骨量を減少させない対策とは?カルシウムの吸収率を最大限に引き出す栄養バランスの摂り方

人は生きている限りみんな歳を重ねるのですが、加齢に伴う老化現象

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑