目のまわりのかゆみに安心して使える市販クリームは?かゆみの原因から考えられる病気の対処法

目の痛みの画像
目のまわりやまぶたがかゆい、こんな時どうしていますか?

目のまわりやまぶたがかゆいのには様々な原因があります。

今回は、目のまわりがかゆい時に考えられる病気や、かゆみがある時の対処法、目のまわりに使える安心な市販薬クリームなどを説明していきたいと思います。

Sponsored Link


 

目のまわりがかゆい、原因は?病気の可能性はある?

目のまわりや、まぶたのことを「眼瞼(がんけん)」といい、外から入る異物などから目を守る役目をしています。

この、眼瞼がかゆいといった症状がある時には、どのような原因や病気が考えられるのでしょうか。

 

 

アトピー性眼瞼炎(アトピーせいがんけんえん)

アトピー性皮膚炎の症状が目のまわりに現れると、他の皮膚のアトピー症状と同じように、赤みやかさつき、かゆみなどの症状がでてきます。

 

かゆみが強く現れる場合もあり、かゆいからと言って強く擦ったり、まぶたを叩いたりしていると、眼底にある網膜に損傷をきたす場合があります。

 

適切な薬でかゆみを抑えるようにしましょう。

皮膚科で処方されているクリームや軟膏は、目のまわりに使えないものも多いので注意が必要です。

 

 

眼瞼縁炎(がんけんえんえん)

眼瞼縁炎とは、まつ毛の生え際にかゆみがでたり赤くただれたりする病気です。

原因は、細菌がまつ毛の根元に感染して起こる場合や、まつ毛のところにある皮脂腺が過剰に分泌して起こす場合があります。

 

まつ毛の際のところに、強いかゆみの症状を感じることも多く、生え際を擦り過ぎてしまうと、赤くただれたようになり、まつ毛が抜け落ちたり、まぶたの形が変形してしまったりという状態になることもあります。

 

蒸しタオルで眼瞼を温め、軽く拭きとる方法でまつ毛の生え際を清潔に保ち、点眼薬や塗り薬で治療します。

 

 

眼瞼皮膚炎(がんけんひふえん)

眼瞼皮膚炎は、外からの何らかの刺激により、まぶたがアレルギー反応をおこす病気です。

化粧品や花粉などでのアレルギーやコンタクトレンズ、最近ではマツエクやアイプチなどのトラブルでも眼瞼皮膚炎になることがあります。

 

まぶたの痒みや赤み、ただれなどの症状があります。

アレルギー反応以外では、ヘルペスなどに感染した場合も眼瞼皮膚炎を引き起こします。

 

アレルギー性のものと、感染症の眼瞼皮膚炎では、初期症状は似ていても処方する薬は全く違うものなので、専門医の診察を受けることが必要です。

 

 

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

眼瞼にできる出来物で「ものもらい」とか「メイボ」「メバチコ」などといわれています。

細菌が眼瞼の皮脂腺に感染して化膿する病気です。

 

始めはかゆく、腫れてくると痛みを伴い、落ち着いてくるとまたかゆみを感じはじめます。

抵抗力が弱っている時などにかかりやすく、初期のうちであれば抗菌薬の目薬や、抗生剤を数日飲むとおさまります。

 

「ものもらい」かな?と思ったら、酷くなる前に早めに眼科を受診しましょう。

 

 

肌荒れ

空気が乾燥したり、汗をかいたりすると肌を刺激して肌荒れを起こすことがあります。

肌荒れを起こすことによって、肌のバリア機能が低下し、かゆみや赤みの原因になってしまいます。

 

肌荒れで目のまわりが痒い場合は、市販薬でも有効な場合があります。

安心して目のまわりに塗れるクリームを紹介します。

 

 

キュアレアa(小林製薬)

かゆみを鎮める抗ヒスタミン剤の入った軟膏です。

目のまわりに使うことができますが、目の際や、軟膏が目に入りそうな場所には使用しないようにしましょう。

 
 

 

 

メンソレータム カユピット(ロート製薬)

目のまわりにも使えるクリームタイプのかゆみ止めです。

クリームタイプなのでベタつきがないのが特徴です。

こちらも、目の中に入らない様に注意して塗るようにしましょう。

 
 

 

 

 

目のまわりがかゆくなった時の対処法

目のまわりがかゆくなった場合、重篤な病気が隠されている場合もあります。

対処法もそれぞれ違うので、強く擦らない様にして必ず専門医を受診しましょう。

 

病気によって処方される軟膏やクリームが違うので、市販薬をむやみに使うのは危険です。

 

また、病院を受診すると、強いかゆみを鎮めるためにステロイド系の軟膏が出されることも少なくありません。

ステロイド系の軟膏は、眼圧(眼の硬さ)が高くなったり、色素沈着が起ったりという副作用あります。

 

副作用を診るためにも、指定された日には必ず受診する様にしましよう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか、目のまわりがかゆい時に考えられる病気や、かゆみがある時の対処法などを説明してきました。

肌荒れなどで目がかゆい場合は、市販薬で様子をみてもいいのではないでしょうか。

しかし、眼科を受診すると目の中に入っても良い軟膏を処方して貰うことができます。

また、目のまわりの痒みやただれで、皮膚科が眼科で悩まれるときは、処方された薬の副作用の検査もできるので、眼科を受診されることをお勧めしますよ。

Sponsored Link

一緒に読まれている関連記事はこちら!

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑