石油ストーブと石油ファンヒーターの性能や燃費を徹底比較!どちらを使うか迷ってる方必見のメリット&デメリット

石油ストーブの画像
冬の暖房器具、皆さんはどのようなものをお使いですか?
今回は、同じ石油を使った、石油ストーブと石油ファンヒーターの性能や燃費を、徹底比較していきたいと思います。

お薦めの暖房器具も紹介しますので、この冬暖房器具を買い替えようと思われる方は、是非、参考にして下さいね。

Sponsored Link


 

石油ストーブと石油ファンヒーターの性能を比較

石油ストーブと石油ファンヒーターのメリット、デメリットを紹介します。

 

石油ストーブのメリット&デメリット

メリット

・灯油を燃やして熱を発生させるため、電気代がかからない
・電気を使わないので、電力供給が停止した時でも使用可能
・運転音が静か
・故障しにくい
・価格が安い
・ストーブの上でお湯を沸かしたり鍋を暖めたりできる

 

 

デメリット

・ゆっくり温まるので速暖性がない
・誤って触ると火傷をする恐れがある
・タイマー機能や省エネ機能がない

 

 

石油ファンヒーターのメリット&デメリット

メリット

・ファンで温風を出すので部屋全体が早く暖まる
・温度を調節することができる
・タイマー機能や省エネ機能が付いている
・誤って触っても火傷をしない
・点けたり消したりが簡単にできる

 

 

デメリット

・電力供給がストップすると使うことが出来ない
・灯油の他に電気代がかかる
・ファンの運転音がする
・石油ストーブに比べると値段が高い

 

 

石油ストーブと石油ファンヒーターの違いは、電力を使うか使わないか、ストーブの火を、部屋を暖める以外に活用できるか出来ないか、というところにあります。

災害などで電力が供給されない場合は、いくら灯油が満タンであっても石油ファンヒーターを使うことができません。

 

 

また、お湯を沸かしたい時や、鍋を温めておきたい時などには、石油ストーブが大活躍です。

 

しかし、石油ストーブは、石油ファンヒーターのように速暖性はなく、火傷などの危険性も考えられます。
省エネ機能や、タイマー機能も備えられていません。

 

 

石油ストーブと石油ファンヒーターでは、それぞれメリット、デメリットがあります。

生活スタイルに合わせて、選ばれるのが良いのではないでしょうか。

 

 

 

石油ストーブと石油ファンヒーター、燃費が良いのはどっち?

まだ、石油ストーブと石油ファンヒーターどちらにしようか悩まれている方に、燃費はどちらがいいのか説明したいと思います。

結論から行くと、石油ファンヒーターの方が制御性に優れているので、灯油代は安くなります。

 

 

石油ストーブは、燃やす調節の幅が狭く省エネ設定が出来ないので、燃やした分だけ灯油代がかかってしまうということになります。

 

石油ファンヒーターは、細かく灯油の減少をコントロールすることが出来ます。

着火時の電気代や、ファンを回す電気代を加えても、石油ストーブよりも石油ファンヒーターの方が燃費は良いということになります。

 

 

 

お薦めの石油ストーブ、石油ファンヒーターを比較

お薦めは、信頼できる日本製の「コロナ」の製品を紹介します。

 

コロナ石油ストーブ

コロナの石油ストーブは、ゆっくりと消化させるため、消化時の臭いを抑えるニオイカット消火機能が付いています。

灯油を入れるときのフタがワンタッチで開閉するので、手が汚れにくい設計になっています。

 

また、タンクを抜くと、自動消火してくれる安心設計で、耐震自動消火装置機能もついています。

暖める部屋の広さの目安は、木造7畳~鉄筋9畳まで可能です。

 

タンクの容量は4リットルで、燃焼継続時間は約17時間~21.3時間となっているので、毎日8時間使用すると、2日~3日に一度の給油が必要になってきます。

 
 

 

コロナ石油ファンヒーター

使いやすい大型パネルで、ワンタッチで操作することができます。

簡単にエコモード設定をすることもできますし、弱・中・強と3段階の切り替えも可能です。

 

暖める部屋の広さは、木造1戸建てでは10畳、コンクリート集合住宅であれば13畳まで可能です。

ファンの消費電力は弱運転で10W、点火時に必要な消費電力は80W必要ですが、電気代は1日8時間使用していたとしても20円程度です。

 

一回の給油で運転時間は約126時間、約15日間の運転が可能です。(弱火力で1日8時間使用した場合)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FH-ST3617BY-W 石油ファンヒーター ※5 【送料無料】【カードOK】…
価格:32180円(税込、送料無料) (2017/8/30時点)


 

 

 

まとめ

いかがでしたか、石油ストーブと石油ファンヒーターの性能や燃費を、比較してきました。

燃費や性能を考えると、石油ファンヒーターの方が優れているように思いますが、電気を使わない暖房器具は、電力の供給がストップしても使えるという安心感があります。

また、ヤカンなどを置いておくと、加湿も同時にしてくれるという利点や便利さもあります。

それぞれの家庭のライフスタイルに合わせて、暖房器具を考えてみられてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

一緒に読まれている関連記事はこちら!

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ギフトの画像
上質な大人の時間がここにある!選んで失敗がない百貨店厳選の体験型カタログギフト

お返しや贈り物にとても便利なカタログギフトですが、ちゃんとした

バイクの画像
一生の想い出になる体験を!男性向け体験型カタログギフトからお得な厳選10選

お祝いやお返しなどで最近注目を集めているのが、体験型カタログギ

エステの画像
体験してみたい!がここにある。女性が喜ぶお得で人気の体験型カタログギフトプラン10選

体験型カタログギフトが注目を集めているのを知っていますか?

アロマの画像
5000円で選べる体験型カタログギフトはこれだ!価格以上のお得感満載プラン10選

カタログギフトといえば、自分の欲しい物が選べるギフトとして好評

温泉の画像
関東で使える体験型カタログギフトプラン厳選3選!記念日には素敵な時間という最高の贈り物を贈ってみませんか?

体験型カタログギフトをご存知ですか? カタログギフトの中

→もっと見る

  • Sorry. No data so far.

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑