子供の身長が低いと悩む前に!身長が伸びる可能性が上がる3つの改善方法

身長計の画像
お子様の身長が低いと悩んでいませんか。
両親とも低いのだから、子供も仕方ないと諦めていませんか。

成長期であれば、身長の成長の妨げとなっている原因を改善すればまだまだ背が伸びる可能性があるかもしれません。
今回は、成長期をサポートする栄養素や身長の成長の妨げになっている原因について説明していきたいと思います。

Sponsored Link


 

成長期に身長が伸びない理由は?

身長の高さは約80%が遺伝的な性質で決まるといわれていますが、残りの20%は、栄養不足や睡眠不足、運動不足などが要因だといわれています。

この場合、生活を改善させることによって成長期に身長を伸ばすことができる可能性がでてきます。

 

それでは、どのように子供の生活を改善させれば身長が伸びる可能性が期待できるのでしょうか。

身長の成長の妨げとなっているそれぞれの要因と、改善方法について説明していきます。

 

 

 

睡眠不足

「寝る子は育つ」と昔から言われていますが、夜の寝ている間に子供の身長を伸ばすための必要な成長ホルモンが大量に分泌されています。

寝ている間でも、一番深い眠りにつく時間は、寝始めて2~3時間くらいであると言われています。

 

この時間に成長ホルモンは一番多く分泌されます。

深い眠りにつかせるためには、寝る前にどのようなことを注意すればよいのでしょうか。

 

・ゲームやスマホをしない

・激しい運動をしない

・食事やおやつは就寝する2時間前にはすませる

・寝ること以外にベッドを使わない

・明るさに注意

 

寝る前にゲームをしたりスマホを見たり激しい運動をすると、脳が興奮して寝つきが悪くなってしまいます。

 

 

最近、特に問題になっているパソコンやスマホから出るブルーライトは、太陽の光と近い性質があり頭を覚醒させる作用があり、眠りを妨げてしまいます。

 

私も子供に、「寝る前のスマホはやめなさい」というのですが「ブルーライトをオフに設定しているから大丈夫」と、言い訳をしてきます。

ブルーライトをオフ設定にしても完全にカットされているわけではありません、また、寝る前に脳に刺激を与えることが深い眠りを妨げる原因になってしまうのです。

 

 

また、寝ること以外にベッドを使わないということは、身につけておきたい大切な習慣です。

ベッドに入ることが、快適な眠りを誘う場所だと認識すれば、気持ちよく眠りにつくことができます。

真っ暗にしなくては寝られないという子供もいれば、豆電球をつけて寝るという子供もいるのではないでしょうか。

 

厚生労働省健康局が作成している健康づくりのための睡眠指針2014によると、

明るい光には目を覚ます作用があるため、就寝前の寝室の照明が明るすぎたり、特にこれが白っぽい色味であったりすると、睡眠の質が低下します。

就寝時には、必ずしも真っ暗にする必要はありませんが、自分が不安を感じない程度の暗さにすることが大切です。

(引用元: 厚生労働省健康局健康づくりのための睡眠指針2014)

 

このことから、真っ暗にして寝ても不安でない子供であればいいのですが、豆電球をつけて寝ている子供であれば、明るすぎることが考えられます。

 

しかも天井からの直接照明となるため、睡眠の質が低下しているかもしれません。

明かりをつけて寝る場合は、足元などへの薄暗い間接照明が有効です。

 

 

 

栄養不足

子供の成長を促すためには6大栄養素、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。

身長が伸びるということは骨が伸びるということなので、骨を成長させ骨を守るための栄養が不足すると、身長の伸びに影響を与えてしまいます。

 

中でも身長を伸ばすために必要な栄養素が、骨や筋肉を作る「タンパク質」です。

最近よく目にする「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」は、運動により筋肉を構成するタンパク質が分解するのを防いでくれます。

 

このBCAAは「アルギニン」と一緒に摂取することでより効果的となります。

アルギニンは、タンパク質を合成促進し成長ホルモンを分泌、骨や筋肉を作り運動能力の向上にも繋がります。

 

このBACCとアルギニンが一緒に配合されたサプリメントの紹介です。

せのびと~る掲載サイトはこちら

子供成長応援サプリ「せのびと~る」パートナー獲得プロモーション
 

 

 

BACCとアルギニンが一緒に配合されたスポーツドリンクの紹介です。

BACCは運動をする時の持久力をキープしてくれる力を持っています。

運動をする前に飲むのが効果的です。

 

アミノバリュー掲載サイトはこちら
 

 

 

 

しかし、楽しく美味しく食べることも子供の成長にとっては大切なことです。

リラックスをして食事を摂ることは、成長ホルモンの分泌を促してくれます。

 

 

そこで、普段の食事のメニューに取り入れることができる、BACCやアルギニンなどを多く含む食品を紹介します。

 

BACCを多く含む食品

カツオ、マグロ、鮭などの刺身などの魚介類

鶏の胸肉、牛肉の赤身などの肉類

牛乳、プロセスチーなどの乳製品

 

 

アルギニンを多く含む食品

豚ゼラチン、豚ロース、牛ひき肉などの肉類

クルミ、アーモンド、落花生などのナッツ類

 

 

これらの食品を、食物繊維などと共にバランスよく毎日摂ることが、成長ホルモンを促進させ背を伸ばす効果に繋がっていきます。

 

 

 

運動不足

成長期に運動不足の状態で過ごすと、食欲が減退し寝つきも悪くなります。

そうなると、成長ホルモンの分泌が不足し、骨や筋肉の成長を妨げる要因となってしまいます。

 

最近では塾や携帯ゲーム、スマホなど室内で遊ぶことが多くなりました。

そのため、骨を守る筋肉が十分に発達せず、姿勢が悪くなっている子供も少なくありません。

 

適度な運動をすることは、骨に刺激を与え骨の成長へと繋がります。

無理な運動を避け、適度な運動をすることによって、食欲を増進させ、心地よい睡眠へと導いてくれます。

この規則正しい生活リズムこそが、成長ホルモンを多く分泌させ、身長を成長させてくれるということに繋がるのです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

成長期をサポートする栄養素や身長の成長の妨げになっている原因について説明してきました。

身長が高いとか低いとかは、遺伝的要素も多く含まれ、人それぞれの個性ですが、原因となるものは取り除き、すくすくと成長してほしいですよね。

成長ホルモンを十分に分泌させ、身長の成長に繋がるようにサポートをしてあげてくださいね。

 

Sponsored Link

一緒に読まれている関連記事はこちら!

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美顔の画像
シミやそばかすを作らない為に身体の内側からのケアを助けてくれるお勧めサプリは?

日差しも強くなり、シミやそばかす対策が気になる季節になってきま

フルーツ盛りの画像
酵素不足を補いダイエットや身体の不調改善には話題の酵素サプリメントがお手軽で効果的

最近、「酵素ダイエット」とか、「酵素で健康」など、酵素という文

ニキビの画像
大人ニキビが出来る原因と対処法は?ニキビが出来ない肌を目指すお勧めコスメ3選

朝起きて鏡を見ると、昨日は無かったはずの大人ニキビがポツポツと

妊婦の画像
妊娠中の便秘に安心成分のサプリは?善玉菌を増やすビートオリゴ糖でお腹の赤ちゃんに優しく解消

妊娠中は色々な悩みやトラブルを抱えてしまいます。 その中でも

夏野菜カレーの画像
夏野菜カレーで夏バテ知らず!夏野菜の栄養効果とカレーの組み合わせは最強だ!

夏はやっぱりカレーですね。 そうめんや冷し中華など冷たくてあ

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑