彼に喜んでもらえる手編みメンズマフラー【彼のファッションに合わせた幅と長さがカギ】

マフラーの画像
今年こそは手編みのマフラーに挑戦したいとおもっているあなた、彼氏にプレゼントして喜んでもらいたいですよね。
でも、どんなマフラーなら気に入ってもらえるのだろう、幅や長さはどのくらいがいいのだろう。

そんなあなたに、彼がよろこぶ手編みのマフラーについて、お話ししたいと思います。

Sponsored Link

チクチクしない毛糸選び

まずは毛糸選びです。

首まで覆うタートルネックのセーターなどでも、チクチクして着心地が悪いことがありますよね。
チクチクの原因は、毛糸の繊維の端が肌に触れるためチクチクするのです。

 

マフラーも顔や首など肌に直接触れるものなので、巻き心地がいいものを最優先に考えましょう。
巻き心地の良いマフラーであれば、彼はとても喜んでくれることでしょう。

 

それでは、チクチクしない毛糸にはどのようなものがあるのでしょうか。

それは「新世代アクリル・エブリデイ」という毛糸です。

アクリル100%ですが、高級感のあるつやがあり、とてもソフトです。
毛糸が毛羽立っていないため「つるん」とした感触です。

 

チクチクする感じ方は人それぞれですが、「新世代アクリル・エブリデイ」の毛糸は、チクチク感のない毛糸として、とてもおすすめです。

<最新>「新世代アクリル・エブリデイ」の豊富なカラーバリエーションをチェック!最安値はこちら【楽天】

 

また、お店に行って、自分の首に毛糸を触れさせてチクチクする感じを確かめるのも、一つの方法です。

毛羽立っているものはチクチクするので、なめらかな質感の毛糸がおすすめです。

 

彼に似合いそうな毛糸が見つかれば、裏地をつけるというのも一つの方法です。
そうすると、毛糸選びの幅が広がりますよね。

 

マフラーのサイズ

マフラーを編み始めたけど、幅はこれくらいでいいのかな?長さはどのくらい編めばいいのだろうと悩んでしまいますよね。

 

一般的に、マフラーの長さや幅のサイズは、一重巻きなら150cmから170cm、二重巻きなら200cmが目安とされています。

幅は17㎝前後が一般的ですが、二つ折りにして使うのであれば20cm以上でも大丈夫です。

 

しかし幅は、編む毛糸によっても違ってきます。極太毛糸で幅17㎝では少し物足りない感じを受けてしまいます。

毛糸の太さによって、恰好がよく見える幅に合わせてみてください。

参考動画


 

マフラーを編むときの注意点

手編みのマフラーの本を参考に編んでいても、長さが違って来たり、マフラーが固く感じてきたりすることが、失敗例ではよくあることです。

 

手芸屋さんに置いてある、「手作りマフラー」を触ってみて、その感触を覚えてから編んでいくと固くなりすぎることもなく、ごわついた感じにもなりません。

 

巻き心地の良い「ふんわり」としたマフラーになることでしょう。

編みあがった後、クリーニングに出すか、手洗いをすると、網目が落ち着き、仕上がりの良いマフラーにすることができます。

 

その時は、必ず毛糸についている洗濯表示マークを確認して洗ってくださいね。

また、毛糸の色や編み方は、普段の彼のファッションを参考にして選ぶと、とても喜ばれるマフラーになるでしょう。

 

こちらも読んでみて下さい。
⇒彼に贈るメンズマフラーの色の選び方 流行と手編みに適した色は?

⇒クリスマスプレゼントで彼氏が喜ぶマフラーブランド年齢別6選

⇒マフラーのかわいい巻き方学生編!やってはいけないダサい巻き方とは?

 

まとめ

彼によろこばれる手編みのマフラーのお話をしてきました。

愛情が編みこまれた素敵なマフラーを作ってあげてください。

きっと、彼も温かい気持ちで、暖かく冬を過ごすことができるでしょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒天の画像
寒天をダイエットに上手にとりいれる方法。トマトと寒天はダイエット最強コンビだった!

いくらダイエットを頑張っても、ほとんど効果を感じることなく諦め

母乳を飲む赤ちゃんの画像
母乳が出ないのは栄養不足だから?産後の母乳に良い2大ハーブの効果と効能

ママになると誰でも一度は母乳についての悩みを抱えてしまいますね

寝不足の画像
休息不足がひき起こす体調不良とは?睡眠障害を解消させる5種の成分の上手な摂り方

何だか毎日体がだるい、よく寝たつもりなのに疲れがとれない、そん

更年期の画像
女性ホルモンの減少を抑え更年期を乗りきるコツとは?更年期障害を緩和させる成分エクオールを作る

女性にとって閉経前後に迎える更年期は避けては通れない道ですが、

間接通の画像
骨量を減少させない対策とは?カルシウムの吸収率を最大限に引き出す栄養バランスの摂り方

人は生きている限りみんな歳を重ねるのですが、加齢に伴う老化現象

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑