結婚式の費用分担の割合で揉めないための解決策!新居の家具代もこれで解決

結婚式費用の画像
結婚式を挙げたいけれど費用はどうすればいいのだろう、結婚を考えるとき誰もが悩むのがお金の問題ですね。
今回は、結婚式にかかる新郎、新婦の負担割合や、新居の家具代など、結婚式から生活するためのお金の出し方についてお話していきたいと思います。

Sponsored Link


 

結婚式にかかる新郎、新婦の費用の負担割合は?

ゼクシィから発表されている、挙式・披露宴にかかる費用の全国平均(2015年)は352,7万円となっています。

この中には、衣装代や写真代、招待客への食事代などが含まれています。

これらの結婚式にかかる費用は、どのようにして負担割合を決めていけばいいのでしょうか。

 

まず、結婚式の費用負担の考えを、結婚する相手と統一することが最も重要なポイントです。

いくら結婚する相手でも、家庭の事情や考え方は違うので、二人の結婚式費用の出し方について考えまとめておきましょう。

費用負担割合についての考え方の例をあげてみます。

 

二人のお金をまとめる

新郎側の招待客が多くても、新婦の衣装代が高くても、二人を祝福してくれる結婚式なので、両親からのお祝いやご祝儀なども含め、二人のお金をまとめて結婚費用を支払うという考え。

 

 

完全に折半

二人の収入が同じくらいなので、結婚にかかる費用は、新郎、新婦とも完全に折半という考え。

 

 

人数割り

招待客の食事などはそれぞれ人数掛け、新郎、新婦の衣装はそれぞれ負担、共通な物(写真やビデオ撮影など)は折半という考え。

 

 

収入によって負担割合を考える

どちらかの収入が遥かに多い場合や、年齢差があり貯蓄額も多い場合などは、6:4や7:3などの負担割合で支払うという考え。

 

 

このように二人の考え方をまとめておけば、両親に相談するときも話がしやすいのではないでしょうか。

以前は、結婚式費用の分担割合が、新郎側が6割、新婦側が4割という6:4という話が、当たり前のように言われていた時代もあったようです。

 

しかし、この6;4の割合は、諸説ありますが、昔、新郎の家で結婚式を行なうことが多く、新郎側の招待客が多くなることで6:4の分担割合になったといいます。

現在では、始めから6;4の負担割合で決めていくのはトラブルの原因になりかねないので、二人でよく話し合って結婚式費用の分担を決めていきましょう。

 

 

新居の家具代の負担割合は?

新婚の画像
結婚式の次に費用がかかるものと言えば、新居の家具代ではないでしょうか。

結納金があれば、嫁入り道具や身支度品を買い揃える為の物なので、そのお金を当て、足りない金額は折半すればよいでしょう。

 

最近の住宅事情をみると、タンスなどはクローゼットで作り付けになっているため、大きな家財道具がいらない時代になってきています。

おしゃれなソファーや照明器具、ダイニングテーブルなどが家具代として必要になってきますが、やはり二人で選んで気に入ったものが良いので、家具代として出せる金額を共通の口座に入れ、そこから支払うという方法が、一番スムーズに物事が運ぶのではないでしょうか。

 

そうすることにより、無駄のない家具選びをすることが出来ますし、予算が決まっているので高価な家具を揃えなくてはいけないというプレッシャーもなくなります。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか、結婚式にかかる新郎、新婦の負担割合や、新居の家具代など、結婚式から生活するためのお金の出し方についてお話ししてきました。

結婚式でのお金の揉め事は後を絶ちません。

あわや破局になりかけたという話も聞くほどです。

 

話し合いの人数が多くなればなるほどお金の価値観は個人によって違うので、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。

結婚をして生活するのは二人ですから、結婚する相手とよく話し合って結婚式などのお金の出し方を決めましょう。

そして、両親に報告するようにします。

 

決してしてはいけないことは「相手の両親がこう言っている、こう言われている」と不満に思うことを両親に相談することです。

 

そういうところから物別れになることも少なくありません。

結婚する二人の初めての共同作業は、結婚式の準備から始まっています。

お互いの両親を思いやりながら、自分たちで物事を決めていけば、多少のわだかまりが生じたとしてもいつの間にか解けていることでしょう。

幸せな結婚式をお迎えくださいね。

Sponsored Link

関連記事

百日祝いの画像

知っておきたい常識シリーズ【百日祝いの数え方】新米パパの疑問にお答え

もうすぐ百日のお祝いをする!という方、おめでとうございます。 中には実家のご家族から百

記事を読む

お中元の画像

目利きが選ぶ会社に贈るお中元ランキング!失敗しない為のマナーや時期は?

お中元を贈る季節がやってきます。 今回は会社間でのお中元について気を付けたいマナーや贈る時

記事を読む

防災の日の画像

災害時に必要な非常食と水の量は?【防災週間】知っておきたい常識シリーズ

9月1日は防災の日。 毎年9月1日を中心として一週間を防災週間としています。 そして、防

記事を読む

謝恩会の画像

小学校の謝恩会で気持ちが伝わる挨拶の例文~差がつく5つのポイント

卒業式の季節ですね。 小学校生活6年間いかがでしたか。 子供の成長を喜ぶとともに、学

記事を読む

引っ越しの画像

引越しの挨拶の範囲はどこまで?気の利いた手土産は?挨拶の時間帯は?

3月4月は新生活のスタートを迎える人も多く引越しの季節ですね。 今回は引越しの挨拶や、

記事を読む

富士山の画像

社長宛ての年賀状例文|初めて書くあなたに教えたいこと

社会人として初めて迎えるお正月。 「社長に年賀状をださなくては」と考えている人も多いの

記事を読む

赤ちゃんの画像

赤ちゃんの紫外線対策は何ヶ月目から?日焼け止めで注意する3つのこと

日差しが強くなってきましたね。 日本では4月から9月の間が一番紫外線の強い時期だと言わ

記事を読む

お経の画像

新盆見舞いの金額の相場は?渡す時期や恥ずかしくないマナー

日本の夏の仏教行事と言えばお盆ですか、身内が亡くなられて49日法要が終わり、初めてのお盆を迎

記事を読む

お雑煮の画像

謹賀新年や元旦の意味!恥をかかないお正月用語の使い方

お正月が近づいてきましたね。 年賀状に書いてある「謹賀新年」ってどういう意味か考えたことありま

記事を読む

初節句の画像

初節句の内祝いのお返しの時期や恥をかかないマナーと喜ばれる品は?

赤ちゃんが生まれて初めての節句を迎える「初節句」女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コサージュの画像
綺麗に見えるコサージュの付け方とマナー|卒業&入学式のスーツに合う厳選5選

お子様の卒業式、入学式を迎える時期になりました。 普段で

春野菜の画像
春野菜と夏野菜の栄養の違いは?健康に効果的な栄養は旬の野菜で!秋野菜が一番美味しい理由

皆さんは「旬の野菜」を選んで食べていますか。 最近ではハ

ティラミスの画像
通販で買える今話題のティラミスランキングBEST10!2017バレンタインにも最適

バレンタインが近づいてきましたね。 今年のバレンタインに「テ

バレンタインの画像
バレンタイン簡単女子力アップラッピング方法を動画で!2017注目の本命&義理チョコ8選も

もうすぐバレンタインデーですね。 もはや国民行事となっている

小物の画像
2017メンズ春ファッションにはグリーナリー色のアイテムで決まり!センス光る小物選びのポイント

春がやってきますね!新生活を始める方も多いのではないでしょうか

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑