唇の日焼け放っておくとどうなる?UVケアにおすすめな商品を厳選

日焼けの画像
日差しの強い季節がやってきました。
紫外線対策には気の抜けない毎日ですね。
ところで、唇への紫外線対策はどうされていますか?実は唇も日焼けをします。
今回は唇が日焼けしたらどうなるのか、治し方やケア方法、お勧めのリップクリームなどを紹介します。

Sponsored Link


 

唇も日焼けする?日焼けしたらどうなる?

最近、唇がカサカサする、皮がポロポロ剥ける、なんか唇が熱っぽい、こんな症状はありませんか?

もしかしてそれは唇の日焼けかも知れません。

 

海やプールに出かけると唇が水ぶくれのように腫れ上がり痛みを伴うので、日焼けをしたことがわかるのですが、日常生活では唇の紫外線対策は怠りがちです。

唇は皮膚が薄く、皮脂を分泌させる皮脂腺がありません。

皮脂というと、身体や顔をベタベタさせる嫌なイメージがありますが、肌の水分の蒸発を防ぐ役目をしてくれています。

 

唇にはその皮脂線がないため、唇を保護してくれるものがなく、刺激から守る機能がとても弱い部位ということがいえます。

それでは唇が日焼けをしたらどうなるのでしょう。

 

皮が剥けたり、ひび割れたり腫れてしまったり、酷くなると出血を起こしてしまいます。

そして、日焼けの炎症が治まるころには唇にホクロのようなシミが出来ることもあります。

 

 

日焼けしてしまったらどうすればいい?

唇が日焼けをしてしまった時の対処法を紹介します。


 

唇を冷やす

まずは氷水で冷やしたタオルや、氷水を入れた袋などで唇を冷やすようにしましょう。

 

ワセリンやオイルで保湿

むやみにリップクリームなどを塗るのではなく、ワセリンやオリーブオイルを塗って保湿をしましょう。

唇の上に薄く塗ってその上からラップを当てると効果的です。

 

ワセリンは小堺製薬から出されている「白色ワセリン」が安心です。

傷ついた皮膚を想定して考えられたものなので皮膚が薄い場所にも適しています。

 

小堺製薬株式会社「白色ワセリン」
 

 

 

オリーブオイルは家庭用のものでOKです。

井上誠耕園では化粧品タイプのものも販売されています。
 

 

 

唇が日焼けをしてしまった時の注意点を紹介します。

唇を舐めない

腫れて乾燥した感じが気になって、ついつい舐めてしまいそうですが、舐めれば舐めるほど乾燥します。

絶対に舐めないようにすることが早く治すことに結びつきます。

 

 

クレンジングや洗顔の時に強くこすらない

日焼けしている唇はさらにデリケートになっています。

強くこすることによって摩擦が起きて余計に悪化させることになります。

落ちにくい口紅も、クレンジングに力が入るのでNGです。

 

 

辛いものや塩分の強いものは控える

刺激のある辛い食べ物は唇にも刺激を与えています。

またいつも食べている「味海苔」なども日焼けをした唇には刺激があります。

唇に刺激を感じるような物を食べた後は優しく拭き取るか、洗い流すようにしましょう。

 

 

むやみにリップを使わない

いつも使っているリップが刺激になって日焼けを悪化させる恐れがあります。

リップではなく「ワセリン」や「オリーブオイル」が安心です。

 

 

 

唇を日焼けさせないためにはどうしたらいい?

リップクリームの画像
UVケアのはいったリップクリームを使うのが効果的です。

塗り方は、唇を刺激せず優しく唇の筋に沿って塗っていきましょう。

 

お勧めのリップクリームを紹介します。

 

「ザ・タイムR リップエッセンス」株式会社イプサ
 

 

紫外線から唇を守りながら、みずみずしい唇に整えてくれます。

口紅用の下地としても使えるので毎日のお化粧に使えて便利です。

 

 

「UVケアリップトリートメント 5.5g」ママバター
 

 

紫外線吸収剤や合成香料等を使用せず低刺激なので肌が敏感な人でも安心して使うことが出来ます。

 

「アネッサ・リッププロテクターUV」資生堂
 

 

野外レジャーなどで強い日差しから守りたい時は、リッププロテクターUVがおすすめです。

アネッサならではの日差しから守ってくれる信頼性のあるリップです。

無駄な刺激を与えないように夜は使用しないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか、日焼けした唇の治し方や、唇が日焼けしないためのリップクリームなどを紹介してきました。

日焼けしてしまった唇の治し方は、まず冷やすことです。そして保湿です。

しかし一番大切なことは日焼けしないようにUVリップを塗ったり、日傘や帽子を活用したりして紫外線を浴びないことです。

これからますます日差しが強くなる季節がやってきます。

紫外線を出来るだけカットして快適な夏を楽しみましょう。

Sponsored Link

関連記事

メイクアップの画像

2017年春メイクのリップやアイシャドウの流行色は?大人かわいいメイクのやり方

暖かくなるのはもう少し先ですが、ひと足早く、今年の春メイクにチャレンジしてみませんか? 今

記事を読む

乾燥肌の画像

乾燥肌の対策方法!1日10分の散歩をするだけ簡単体質改善

これからの時期、空気が乾燥してしまいます。 空気が乾燥してくると、お肌も乾燥が酷くなってし

記事を読む

ウエストの画像

腸内フローラのバランスを整える食べ物で善玉菌を増やしながら肥満や癌予防を

  皆さんは日頃の健康をどのように気遣われていますか。 適度な運動や、バラ

記事を読む

ダイエットの画像

美肌効果の酵素と菌活で上手に美容に良いダイエットを!簡単便秘解消メニュー

食欲の秋ですね。食べたいけれどダイエットも気になるこの頃、「菌活」というのをご存じですか?

記事を読む

お鍋で美容効果の画像

食生活で輝き続けるお肌を。乾燥を防ぎ保湿を高めるには食べ物が決めて!

冬の乾燥肌、嫌ですよね。 いくら化粧水や美容液などをしっかりつけてお肌ケアをしていても

記事を読む

髪の悩みの画像

産後の抜け毛や白髪はいつ終わるの?ヘアトラブルが解消するバランス栄養食

産後のヘアトラブルに悩んでいませんか? 抜け毛防止と言われるシャンプーを試してみたり育毛剤

記事を読む

半身浴の画像

冬でも寒くない半身浴の入浴方法と温度は?美肌効果やリラックス効果も期待できる楽しみ方も

日本人はお風呂が大好きですよね。 ゆっくり湯舟に浸かって身体の疲れをとったり、ストレス解消

記事を読む

美肌ケアの画像

永遠の定番!乾燥した顔におすすめの保湿クリームは?

冬になると顔の乾燥が気になりますよね。 冬でなくても、エアコンの中で仕事をしていると、

記事を読む

麦茶の画像

ホット麦茶の知られざる効能!美容に最適!だから私は麦茶を選ぶ!

夏の飲み物と言えば麦茶ですね。 麦茶は赤ちゃんから大人まで夏の暑い時期には欠かせない飲み物

記事を読む

川遊びの画像

顔の日焼け後のケア3ステップ!子供の日焼け応急処置方法は?

夏になると、庭やベランダにプールを出して水遊びをしたり、バーベキューや川遊びをしたりと子供を

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コサージュの画像
綺麗に見えるコサージュの付け方とマナー|卒業&入学式のスーツに合う厳選5選

お子様の卒業式、入学式を迎える時期になりました。 普段で

春野菜の画像
春野菜と夏野菜の栄養の違いは?健康に効果的な栄養は旬の野菜で!秋野菜が一番美味しい理由

皆さんは「旬の野菜」を選んで食べていますか。 最近ではハ

ティラミスの画像
通販で買える今話題のティラミスランキングBEST10!2017バレンタインにも最適

バレンタインが近づいてきましたね。 今年のバレンタインに「テ

バレンタインの画像
バレンタイン簡単女子力アップラッピング方法を動画で!2017注目の本命&義理チョコ8選も

もうすぐバレンタインデーですね。 もはや国民行事となっている

小物の画像
2017メンズ春ファッションにはグリーナリー色のアイテムで決まり!センス光る小物選びのポイント

春がやってきますね!新生活を始める方も多いのではないでしょうか

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑