2017年春メイクのリップやアイシャドウの流行色は?大人かわいいメイクのやり方

メイクアップの画像
暖かくなるのはもう少し先ですが、ひと足早く、今年の春メイクにチャレンジしてみませんか?
今回は2017年のリップやアイシャドウのトレンドカラーを紹介するとともに、年代別春メイク方法も紹介して行きたいと思います。

Sponsored Link


 

2017年春メイクの流行色やメイク方法は?

気になる2017年の春メイクのトレンドを紹介して行きます。

 

RMK

今年で20周年を迎えるRMKの2017年のコレクションテーマは「ピンクとベージュ」。

ベーシックなカラーにピンクをプラスして自然で華やかなPOPなメイクがトレンドです!

 

上まぶたには「ブラウン」をグラデーションで入れ、目尻にはピンク、そこから繋がるようにピンクのチークをのせていくと、内側からにじみ出るような「血色感」が、大人かわいい美しさを引き出してくれます。

口元には透け感のあるピンクのジェリーグロスを、春風のように暖かいトレンドメイクの出来上がりです。

 

2017 RMK MOVIE



 

 

40代から50代の女性には、ナチュラルに目もとを強調するメイクが、スタイリッシュな大人の女性を演出してくれます。

RMKの「カラーパフォーマンスアイズ」のアイシャドウがお勧めです。

 

1つのパレットで 印象的な3パターンの目もとにメイクアップレッスン



 

 

カラーパフォーマンスアイズ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DM便対応商品】RMKカラーパフォーマンスアイズ
価格:3620円(税込、送料別) (2017/1/5時点)


 

 

 

 

ルナソル

2017年ルナソルの春のコレクションテーマは「暘空浄化(ようくうじょうか)」、

澄んだカラーを重ねあわせることにより、表情が晴れ渡るポジティブな浄化メイクを目指したルナソルの春メイクを紹介します。

 

20代~30代の方には、肌にのせると、色と透け感のバランスが絶妙なカラフルメイクがお勧めです。

ルナシルのアイシャドウを使って、こんな3パターンのメイクにも挑戦してみてはいかがですか。

 

ルナソル恋コスメアイシャドウを使った3パターンのモテアイメイク のやり方



 

 

ルナソル ―LUNASOL-―オーロライズアイズ
 

 

 

40代~50代の方には大人の要素があるダークなパープルとピンクを組み合わせて、品格のある大人メイクがお勧めです。

 

 

 

レブロン

レブロンから出た新色「マット リップ カラー」を紹介します。

これまで「ジェリーグロス」だった人も「マットリップ」を試してみるチャンスです。

 

ジュリーグロスの中にもマットな感じを組み込んだリップが、2017年春には大流行の兆しです!

マットなのにしっとり潤う、レブロンのキュートなLOVE色マットがお勧めです。

 

レブロン ウルトラ HD マット リップ カラー
 

 

 

 

ロレアル

マットなリップに抵抗のある方は、上品な大人の艶感を演出してくれる「ロレアル」の新色リップ「ユイルカレス」はいかがでしょう。

みずみずしい発色が、春の陽だまりの中美しい輝きを魅せてくれます。

 

全8色で新登場です。

 

ユイルカレス806
 

 

 

ユイルカレスを使ったメイクMOVIE



 

 

 

まとめ

いかがでしたか、2017年のリップやアイシャドウの流行色を紹介するとともに、年代別メイク方法も紹介してきました。

2017年の春メイクのトレンドは「ピンクをのせるメイク」です。

大人かわいい中にも、エレガントで春らしいメイクを目指してくださいね。

Sponsored Link

一緒に読まれている関連記事はこちら!

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒天の画像
寒天をダイエットに上手にとりいれる方法。トマトと寒天はダイエット最強コンビだった!

いくらダイエットを頑張っても、ほとんど効果を感じることなく諦め

母乳を飲む赤ちゃんの画像
母乳が出ないのは栄養不足だから?産後の母乳に良い2大ハーブの効果と効能

ママになると誰でも一度は母乳についての悩みを抱えてしまいますね

寝不足の画像
休息不足がひき起こす体調不良とは?睡眠障害を解消させる5種の成分の上手な摂り方

何だか毎日体がだるい、よく寝たつもりなのに疲れがとれない、そん

更年期の画像
女性ホルモンの減少を抑え更年期を乗りきるコツとは?更年期障害を緩和させる成分エクオールを作る

女性にとって閉経前後に迎える更年期は避けては通れない道ですが、

間接通の画像
骨量を減少させない対策とは?カルシウムの吸収率を最大限に引き出す栄養バランスの摂り方

人は生きている限りみんな歳を重ねるのですが、加齢に伴う老化現象

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑