お雑煮の具材の意味や由来!あなたは角餅派?それとも丸餅派?

 

一富士二鷹三茄子の画像
お正月といえばお雑煮ですね。
地方や家庭によって様々なお雑煮があるのですが、そもそもお雑煮とは、いつから食べられていたのでしょうか?
その由来とお雑煮に入っている具材の意味、また、お雑煮に入れるお餅には何故「丸餅」と「角餅」があるのか、お話していきたいと思います。

Sponsored Link

お雑煮とは

お正月はその年の五穀豊穣や、子孫繁栄の神様を迎える行事で、その神様を「年神様」といいます。

お雑煮を食べる歴史は古く室町時代からといわれています。
大晦日の日に「年神様」に餅や野菜などを神棚に供え、元旦にそのお供え物をおろして煮込んだ料理を「煮雑」といいその後「雑煮」になったと言われています。
「煮雑」を食べることにより「年神様」からの今年一年の力を授かった、と考えられていました。

お雑煮をいただくときの「祝箸」は両方の先が細くなっています。
これは、片方は自分が食べるときに使い、もう片方は「年神様」が使うと言われています。

また、お雑煮でお餅が使われ始めたのは、江戸時代に入ってからのことです。

当時、米はとても高価な食材であったため、お餅ではなく里芋をお雑煮にしていました。

 

丸餅(関西)と角餅(関東)

関西では丸餅、関東では角餅が、お雑煮として多く使われています。
それでは、丸餅と角餅にわかれたのは何故なのでしょうか?

丸餅と角餅の境目は、関ヶ原の戦いが行なわれた辺りだと言われています。
大きく分けると、西日本が丸餅、東日本が角餅ですが、岐阜や滋賀、三重県あたりでは地域によって丸餅と角餅にわかれます。

関西で丸餅が多いのは「角がなく円満」ということから、縁起を担いで丸餅になったと言われています。

関東の角餅は、人口が集中した江戸時代以降、一度にたくさんのお餅を必要としたため、手で丸めて丸餅を作るより、餅を伸して(のして)切り一度にたくさんの角餅を作ったと言われています。
また「敵をのす」という縁起も担がれています。

 

お雑煮に入る具材の意味

お雑煮の具材は江戸時代、小松菜やほうれん草のような「菜類」を入れて食べたとされています。
「名(菜)を持ち(餅)上げる」という縁起担がれていました。

今でも「菜類」を入れますが、その他の具材も紹介します。

雑煮大根

雑煮大根は丸く切って具材にする、「角が立たず円満に過ごせるように」の意味がある。金時人参 :赤の色が「魔除け」をあらわしているため。

かしら芋

里芋が大きく育った親芋のことで、人のかしら(頭)になれるようにという意味がある。

花かつお

「勝」ということにあやかって入れられる。

 

その他にも、お雑煮に入れる具材はその土地の産物が入ります。

山菜やキノコ、鮭やイクラ、海苔やハマグリなど、山村なら山の幸、漁村なら海の幸がお雑煮の具材に盛り込まれます。

 

こちらも読んでみて下さい。
美味しいお雑煮の出汁の作り方!嫁ぎ先で恥をかかないとり方は?

 

 

まとめ

いかがでしたか、お雑煮の由来や具材の意味についてお話してきました。
あなたの町のお雑煮は、丸餅ですか、角餅ですか?
伝統文化というのは本当にいいものですね。
お正月にお雑煮をいただくときは、「年神様」と一緒に頂くという思いで、少し気持ちを引き締めて、お雑煮を食べられてはいかがですか?

良いお正月をお迎えくださいね。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

とうもろこしの画像
とうもろこしはダイエット中に太る?夏むくみに効く栄養の効能は?デトックス効果も期待できる簡単料理

夏に旬を迎えるとうもろこしは、バーベキューの材料や、夏休みのお

オクラの画像
オクラの栄養を新鮮なまま冷凍して保存する方法や下処理のコツは?夏に食べたい簡単料理の作り方

夏に旬を迎える野菜のひとつに、オクラがあります。 オクラは夏

モロヘイヤの画像
モロヘイヤの優れた栄養価が妊婦にお薦めのワケ。夏を乗り切る超簡単料理の作り方

モロヘイヤを食べていますか? 栄養がありそうなことは解かって

寒天の画像
寒天をダイエットに上手にとりいれる方法。トマトと寒天はダイエット最強コンビだった!

いくらダイエットを頑張っても、ほとんど効果を感じることなく諦め

母乳を飲む赤ちゃんの画像
母乳が出ないのは栄養不足だから?産後の母乳に良い2大ハーブの効果と効能

ママになると誰でも一度は母乳についての悩みを抱えてしまいますね

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑