カタログギフトで選ぶ時の3つの注意点とお得な商品を選ぶコツはこれ!

カタログギフトの画像
最近では贈り物の定番となったカタログギフトですが、「何も欲しいものが見つからない」という声をよく聞きます。
沢山の商品が載っているカタログなので何も欲しいものがないというわけではないのですが、商品の値段を考えると「このカタログで貰わなくても」という気持ちが働いてしまうようです。

「カタログギフトで一番お得なものは何か」ということがわかれば、選びやすいのではないでしょうか。
これから「カタログギフトでお得な品物を選ぶコツ」をお話していきたいと思います。

Sponsored Link

カタログギフトの種類と内容

カタログギフトにも色々な種類があります。

アクセサリーからグルメまで多数の品を揃えて掲載されているものや、グルメだけに絞ったカタログギフト、北欧スタイルにこだわったカタログギフトなど様々ですが、一般的にはあらゆるジャンルの品揃え豊富なカタログが、選ばれているようです。

 

カタログの金額としては3,000円~50,000円の間が多く、お返しする金額によって違ってきます。

50,000円のカタログなら金額に見合わなくても欲しいものが見つかるのですが、3,000円から10,000円のカタログの品物に一番頭を悩ませてしまうようです。

 

幅広いジャンルの品物が掲載されているカタログの最初は、まず、体験できるチケットが掲載されています。

それに続き、アクセサリーやカバン、家電製品、陶器や台所用品、子供向けの商品やアウトドア商品などが続きます。

最後にグルメ商品や各団体への寄付が掲載されています。

 

「体験チケット」は近くにその施設がない理由から選べません。

「アクセサリー」もあまりにも見た目が安そうなので選びません。

「財布やかばん」もカタログの定番メーカーなので敬遠してしまいます。

等々、言っていたらきりがないので、何に着目して、何に注意をして品物を選んだらよいか、についてお話していきたいと思います。

 

カタログギフトの品物を選ぶ時の3つの注意点

カタログギフトには500円から700円前後のシステム料というのが含まれています。

メーカーによっては1000円前後のシステム料がかかっているカタログギフトもあります。

システム料はハガキ代や宅急便代などに充てられています。

 

3000円のカタログを貰っても商品は2500円以下の品であるということを、まず頭に入れておきましょう。

2500円以下の品物でも、商品の値段にはばらつきがあります。

 

徹底的に値段を調べていくなら、「価格.COM」などの通販サイトで値段を調べていくと、「どの品物の値段が一番高いか」にたどり着くことができます。

しかし、新商品に近いものほど価格は高めに表示されるので、今後、値崩れの可能性もあります。

 

グルメ商品は「グラム数」に注意

グルメ商品なら、値崩れの可能性もなくお得に感じるかもしれませんが、ここにも見逃してはいけない注意点があります。

お肉や、明太子、カニなど人気商品ですが「グラム数」に注意です。

お肉の200gの少なさに唖然としてしまうことも少なくありません。

これらの商品はクールの宅配代が含まれるので、他の商品より量を少なくして値段を調整している可能性があります。

 

家庭用品やカバンはサイズに注意

家庭用品やカバン、収納グッズ等にも注意が必要です。

おしゃれなフライパンやお鍋などが並んでいますが、サイズを確認して注文しましょう。

いくらおしゃれなものでも、品物が届いたら小さすぎて使い道がなかった、ということにもなり兼ねません。

 

大きく掲載されている商品は「買ってほしい商品」

また、カタログに大きく掲載されている商品は「買ってほしい商品」だということに着目してカタログを見ていきましょう。

「利益のあまり出ない商品」は小さく掲載されています。

そこからお得な商品を選ぶことができるかもしれません。

 

 

カタログギフトでお得な商品を選ぶコツ

それでは、何を選べばカタログギフトでお一番お得なものを選ぶことができるのでしょうか。

それは、品物の値段にかかわらず「長期的に使えるもの」が一番お得といえるでしょう。

 

まず、自分はカタログに掲載されている商品の中で、何を一番長期的に使うだろうか、ということを考えます。

「価格.COM」で調べた現在の値段を考えるのではなく、長期にわたって使うため日数計算でお得感を見つけ出そうという作戦です。

 

例えば「バスタオル」はどうでしょう。

選ぶ時にサイズや日本製のものかなどの注意点は有りますが、新しいバスタオルを予備に置いていてもいつかは使うときが来るでしょう。

 

あるいは、「グラスセット」はどうでしょう。

以前5個セットで揃えていたグラスが欠けたり割れたりして、いつの間にか統一感のない食器棚になってしまっていた、ということもよくあります。

そういう時は、ちょっとおしゃれなグラスセットを注文すれば長期的に使えるでしょう。

 

私が今までカタログギフトの中で、一番選んで良かったものは「こども包丁」です。

10年以上前なので同じ商品を見つけることができませんが、子供が低学年の時に安心して包丁を持たせるために、カタログギフトで注文しました。

今でも果物を剥いたりするのに使っています。

 

長く使えるものだと、カタログギフトを贈ってくれた方の名前や、カタログギフトをいただいた理由も忘れることがありません。

良いものを頂いたという感謝の気持ちを、いつまでも持ち続けることにもつながります。

 

<人気急上昇>贈り物の超定番!カタログギフトの最安値はコチラ【楽天】

 

まとめ

いかがでしたか、カタログギフトで一番お得な商品を選ぶコツは、「長期的に使える品物を選ぶ」ということです。

カタログギフトを贈られた方も、お礼の意味を込めて贈られているのですから、カタログ注文をして届いた商品を、残念な結果にしたくないですね。

値段にこだわらず、使い勝手の良い、長期的に使える品物を選んでみてはいかがですか?
きっと愛着が湧く、素敵な品物になるでしょう。

Sponsored Link

関連記事

墓参りの画像

2016年お盆の墓参りの日はいつ?お盆期間中に行けない場合は?

日本の夏の仏教行事と言えば「お盆」ですね。 お盆にはお墓にお参りをし、あの世から御先祖様に

記事を読む

静電気の画像

冬のおしゃれをもっと楽しく!簡単な衣類の静電気除去はスプレーで?

冬になると、バチバチッと静電気がきて、本当に嫌な思いをしますよね。 洗濯物をたたむ時や

記事を読む

年越しそばの画像

年越しそばの由来って?縁起が良い具材の意味を知って子供に自慢しよう!

今年も早いもので一年が終わろうとしています。 今年も一年の締めくくりに年越しそばを食べられ

記事を読む

フェイクファーコートの画像

長持ちさせたい!フェイクファーのお手入れ方法【クリーニングなしでもここまで出来る】

今回はフェイクファーのお手入れ方法をご紹介します。 これから涼しくなっていくと、使いた

記事を読む

柿の画像

日本一分かりやすい干し柿の作り方と読めば自慢できる魔法の保存方法

秋が深まるころ、渋柿をたくさん頂く機会もあるのではないでしょうか。 渋柿は渋みが強いた

記事を読む

お礼状の画像

お歳暮のお礼状【個人宛】は8つのポイントでスラスラ書ける!

お歳暮が届く時期になりました。 お歳暮をいただいたら、まずお礼の気持ちを伝えることが大切な

記事を読む

ラウンドテーブルの画像

東京でジェネリック家具が買える店舗は?上手なデザイナー家具の選び方

「ジェネリック家具」をご存知ですか?「ジェネリック医薬品」なら知っているけど、「ジェネリック

記事を読む

ブッシュドノエルの画像

子供に上手に教える事が出来るブッシュドノエルの意味早分かり

寒くなってくると楽しみなのがクリスマスですね。 クリスマスにはサンタクロースやツリー、プレ

記事を読む

お月見十五夜の画像

幼稚園で簡単に出来るお月見の工作は?すすきと団子を用意する意味教えられる?

もうすぐで、お月見ですね。 お月見といえば、満月と団子とすすきが思い浮かびます。 で

記事を読む

お雑煮の画像

謹賀新年や元旦の意味!恥をかかないお正月用語の使い方

お正月が近づいてきましたね。 年賀状に書いてある「謹賀新年」ってどういう意味か考えたことありま

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中学生の画像
中学生ホワイトデーのお返しで好感度アップ!周りに差をつける本命&義理チョコのお返しや渡し方

ワクワクしたバレンタインが過ぎると、次はお返しのホワイトデーで

ピースサインの画像
中学生男子必見!ホワイトデーのお返しの意味知ってる?失敗しないプレゼントの選び方で彼女をゲット

中学生活の中でも一大イベント、義理でも本命でもチョコが貰えれば

ホワイトデーの画像
ホワイトデーお返し面白可愛いランキングBEST10!義理チョコのお返しはこれで決まり

ちょっとウキウキしたバレンタインが終わると、お返しのホワイトデ

バックの画像
フォーマルバッグは若々しく上品なベージュやホワイトをチョイス!入園入学式の服装との合わせ方

入園式、入学式が近づいてきましたね。 お子さんの新生活に向け

コサージュの画像
綺麗に見えるコサージュの付け方とマナー|卒業&入学式のスーツに合う厳選5選

お子様の卒業式、入学式を迎える時期になりました。 普段で

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑