夏の帰省土産の相場は?ハズレなしの定番から話題のものまで完全網羅BEST10

帰省土産の画像
帰省するとき、どのようなものをお土産に持っていけば良いのか悩んでいませんか。
いくらくらいの相場のものにすればいいのかも悩むところですよね。

今回は、夏に帰省するときの手土産の相場や、貰ってうれしいお土産BEST10を紹介して行きたいと思います。

Sponsored Link


 

帰省するときの手土産の相場は?

いつも夏に帰省するときには、どんなお土産が喜ばれるのかわからなくて迷っている方も多いのではないでしょうか。

また、結婚して初めて帰省するときには、手土産の相場や品物などに不安を抱えてしまいますよね。

手土産選びのポイントや相場を紹介します。

 

手土産の相場

手土産の相場は1000~3000円が多いようです。

金額が多ければ、かえって相手に気を遣わせてしまうので、3000円くらいまでが相場となっています。

私の場合は、実家に3000円、両隣のご近所さんには1500円、親戚には2000円前後の品物を、帰省手土産として選んでいます。

 

 

好き嫌いの少ないものを

手土産のロングセラーになっているものは、やはり多くの人に愛されている品物だということがいえます。

地元で昔から喜ばれている商品であれば、帰省先でも喜ばれるのではないでしょうか。

 

しかし、高齢の方がおられる時には、堅いお煎餅などを避けたり、糖尿病を患っている方がおられる時には、甘さを控えたお土産にしたりするなどの配慮も必要になってきます。

 

 

個別包装がしてあるもの

お土産は、袋に小分けして入っているものが最適です。

分ける時に、ナイフで切って取り分けたりすると手間を取らせてしまいますし、食器なども必要になってきます。

また、仏壇に小分けして供える時も、個別包装にしてある方が便利です。

 

 

日持ちするもの

手土産は、日持ちするものを選びましょう。

持って行った日に消費するとは限りません。

賞味期限が短いと、気がつかないうちに過ぎてしまっていた、ということもよくあります。

最低でも、手土産を渡した日から、5日以上は日持ちするものを選びましょう。

 

 

 

夏の帰省に喜ばれる手土産BEST10

夏の帰省土産に喜ばれるBEST10を紹介します。

 

第10位 メープルマニアのバタークッキー(株式会社シュクレイ)

メープルマニアのバタークッキ―の紹介です。

TVやメディアにも数多く取り上げられているバタークッキ―は、サクサクに焼き上げたクッキーにバターチョコをサンドした、どこか懐かしさを感じられる優しい味に仕上がっています。

パッケージもとても素敵で個別包装されているので、お土産にはとても最適です。

 

メープルマニアのバタークッキー紹介サイトはこちら
 

 

第9位 京のふきよせ(小倉山荘)

京都の干菓子を詰めあわせた、まるで宝石箱のような「京のふきよせ」を紹介します。

吹き寄せ、というお菓子は沢山ありますが、小倉山荘の吹き寄せは、とても上品で、驚くほどたくさんの種類のお菓子を楽しむことができます。

見た目も味のバラエティも豊かなので、子供からお年寄りまで会話の弾むお土産になることでしょう。

 

京のふきよせ紹介サイトはこちら
 

 

第8位 バトンドール(江崎グリコ)

ポッキーやプリッツでお馴染みの江崎グリコが、大阪、京都で展開するバトンドールの紹介です。

バトンドールは高級感のあるポッキーで、2017年の新味も発売され、食べやすく話題性もあるのでお土産には最適ですね。

 

バトンドール紹介サイトはこちら
 

 

第7位 究極のあんこ(株式会社億万両本舗和作)

マツコ・デラックスも大絶賛した、「究極のあんこ」の紹介です。

餡子の素材、一つ一つにこだわり炊き上げた究極の餡子を、最中にして頂きます。

粒あんと、こしあんがセットになっており、作る楽しみと究極の美味しさがコラボしたお土産になりますね。

 

究極のあんこ紹介サイトはこちら
 

 

第6位 千寿せんべい(鼓月)

お茶うけに最適な「千寿せんべい」の紹介です。

波型のクッキー風味のお煎餅に、あっさりとしたシュガークリームが挟んであります。

類似品も沢山ありますが、50年以上も親しまれている老舗の味は、コーヒーにも紅茶にも、ジュースにもお煎茶にもよく合います。

子供からお年寄りまで、みんなで楽しめるお菓子なのでお土産にはとても良いですね。

 

千寿せんべい紹介サイトはこちら
 

 

第5位 グレースデュー 恵みのしずく(ロクメイカン)

まるで宝石箱のような「グレースデュー 恵みのしずく」の紹介です。

ゼリーの中には、果実の芳醇な味わいとみずみずしさが詰めこめられ、ひとくち食べると、まるで本物の果物を食べたかのような感動が口の中いっぱいに広がります。

柔らかな食感で甘すぎない、お土産には最適な品物です。

 

グレースデュー 恵みのしずく紹介サイトはこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレースデュー 恵みのしずく 48個入
価格:2160円(税込、送料別) (2017/5/7時点)


 

 

第4位 フェーヴミックス プチ・豆みやげ(フェーヴ自由が丘)

パテェシエ辻口博啓が手掛ける、フェーヴ自由が丘の「豆みやげ」の紹介です。

カラフルでバラエティ豊かな味の豆スゥイーツがとてもおしゃれなパッケージに包まれていて、お土産には最適な商品となっています。

 

フェーヴミックス プチ・豆みやげ紹介サイトはこちら
 

 

第3位 香ほろん(ヨックモック)

シガールで有名なヨックモックから「香ほろん」の紹介です。

ヨックモックのクッキー生地が、より繊細で味わい深いお菓子に仕上がっています。

味もバラエティに富み、定番の「和三盆」や「抹茶」以外にも、夏季限定の「オレンジ」や「白桃」なども詰めあわせると、季節感のあるお土産になりますね。

 

香ほろん紹介サイトはこちら
 

 

第2位 かもめの玉子(さいとう製菓)

3年連続モンドセレクション「金受賞」、そして今回は三重県で開催された、4年に一度の菓子の祭典「お伊勢さん菓子博2017」の和菓子部門で「内閣総理大臣表彰」をさいとう製菓は獲得しました。

その中から定番の「かもめの玉子」の紹介です。

 

やはり、長く愛され続けられるにはそれなりの理由があります。

たまごの美しい形を、ホワイトチョコレート表現したその中には、風味豊かなほくほくの黄餡が包み込まれています。

かもめの玉子は、今では地元のお土産としてだけではなく、お取り寄せすることもできるので、帰省の手土産には最適な品物になっています。

 

かもめの玉子紹介サイトはこちら
 

 

第1位 フルートジェリー(千疋屋総本店)

夏の手土産にぴったりな、千疋屋総本店の「フルートジェリー」の紹介です。

果物の老舗が作る、彩りも鮮やかなジェリーは、濃厚な果汁がたっぷりと詰まった高級感のあるジェリーです。

暑い夏に、清涼感の味わえるお土産としてお勧めの商品です。

 

フルートジェリー紹介サイトはこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料込】千疋屋総本店(せんびきや)フルートジェリー(6個入)
価格:2916円(税込、送料別) (2017/5/7時点)


 

 

 

まとめ

いかがでしたか、夏に帰省するときの手土産の相場や、貰ってうれしいお土産BEST10を紹介してきました。

貰ってうれしいお土産は、皆で会話を楽しむことができる商品が、お土産物としては最適ですね。

たくさんの味を楽しむことができる、「吹き寄せ」や「香ほろん」「豆みやげ」、話題性のある、さいとう製菓の「かもめの玉子」や、東京土産の「メープルマニアバタークッキー」、江崎グリコの「バトンドール」など、帰省先で集まって会話も弾み、楽しく頂くことができるお土産物を選びたいですね。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑