お雛様の飾りに込められた意味~重要!風習から学ぶ飾るタイミングとは?

ひな飾りの画像
女の子のお楽しみ“ひな祭り”に欠かせないお雛様の飾りですが、それぞれの飾りに意味がある事を知っていますか?
ただ飾るだけではなく、どうして飾るのか知っておくと、気分も違います。

そこで今回は、お雛様を飾る前に、ぜひ知っておいてほしい“飾りの意味”や、“正しい風習”について紹介したいと思います。

Sponsored Link

お雛様に込められた意味や由来は?

お雛様とは、昔、貴族階級の女の子が行っていた紙でできた人形のおままごとである「ひいな遊び」と、草やわらでできた人形をなでて厄払いを行っていた物が合わさったものといわれているようです。

この風習は、今でも流し雛として残っている地域もあるようです。

また、江戸時代になると人形を作る技術が発達したため、紙や草などの人形が今の様な美しい姿になり、川に流すのではなく飾る様になったとされています。

お雛様に込められた意味としては、ひな人形は厄除けの人形が由来のため、女の子の健やかな成長や幸せを願うものとなったようです。

また、昔は旅行や嫁入りの際、災いが起きた時に身代わりになってくれるようにと、ひな人形を持っていたことから、上流階級の娘の嫁入り道具の一つとして需要が高まり、幸せな結婚・仲の良い夫婦となりますようにと願って、お雛様とお内裏様の対になったといわれています。

 

お雛様の飾りの意味や由来は?

お雛様を飾るときに一緒に飾ると良いとされているもので、どんな意味が込められているのか、どうしてそれを飾る様になったのかなど、紹介します。

「はまぐり」

はまぐりは、貝合わせの遊びなどでも使われ、対になっている貝殻でなければぴったり合わさらないことから、仲の良い夫婦を表し、一人の方と一生添い遂げられるようにとの願いが込められています。

 

「ひし餅」

ひし餅は“心臓”を表しているとされ、災いを除こうとする気持ちや、娘の健康や幸せを願う親の気持ちが込められているといわれています。

また、

緑は“健康や長寿”、白は“清浄”、ピンクは“魔除け”と、色にも意味が込められていて、それぞれの色から連想されるものから「雪(=白)が解けて大地に草(=緑)が芽吹き、桃(=ピンク)の花が咲く」という説もあるようです。

それぞれ色によって、緑には増血効果のヨモギを、白には血圧を下げるひしの実を、ピンクには解毒効果のあるクチナシを使って、より健康になる様にとの願いもこもっているようです。

 

「あられ」

お雛様と一緒に飾る雛あられですが、あられの色は日本の四季を表しているようです。

また、でんぷんでできているのが始まりとされていて、健康にいいものという認識から“娘が健康に成長しますように”との願いが込められているようです。

 

正しい飾り方は?

ひな祭りをする時期は、地域によって様々です。
私の実家では4月に月遅れのひな祭りをしますが、同じ県内でも嫁いだ先では3月に行います。

そのため、お雛様を出す時期が地域によって違います。
一般的には立春のころに出すのが多いようで、いつ出すという決まりはありません
お天気の良い日や、お子さんがいるご家庭では一緒に出すのもいいかもしれませんね。

また、何歳になっても楽しめる物としてあるため、年齢は関係なく飾って良いようです。
お子さんがいない方でも、ぜひ出してあげてください。

 

飾り方ですが、関西と関東ではお雛様とお内裏様の位置が違います。

関西→お内裏様は向かって右

“御所で天子の玉座の位置が左だから”、“左上座という考えから”などの理由があります。

関東→お内裏様は向かって左

“武家中心の関東では右上座”、“西洋文化が入ってきたことが影響”などの理由があるようです。

どちらも間違いではない様ですが、どちらの飾り方もしっかりとした理由は見つからない様です。

 

お雛様に関する豆知識!NGな風習とは?

桃の花の画像 お雛様は、遅くても3月3日の1週間前には飾りましょう
ひな祭りは3月2日から始まるため、前日に飾るのはNGです!

しかし、地域によっては“新暦に出して旧暦まで飾る”といった風習がある場合もあるため、その地域に合った飾り方をするのがおすすめです。

また、「早くしまわなければお嫁に行き遅れる!」というのを耳にしたことがありますが、早すぎるのもNGです。

ひな祭りは、3月2日から4日までの3日間行われます。
そのため、新暦でお祝いする場合には早くても3月6日ごろに片づけるのがおすすめです。

また、先ほども言った「お嫁に行き遅れる」という言い伝えは、迷信の様で、しっかりとした根拠はないようです。
しかし、しっかり片づけをしないとお嫁に行き遅れるといった教訓としては、成り立ちそうですね。

 

ひな祭りのお菓子お取り寄せ!京都・福岡の人気店は?百貨店でも買える?

 

 

最後に

お子さんのいないご家庭では、お雛様を出すタイミングを失い、しまったままになってしまっているところもあると思います。
ですが、お雛様は年齢関係なく出して楽しむものとして、1週間でも出してあげてください。
お雛様を出すだけでも部屋が華やかになりますし、気分も変わります。
今まで出していなかった方は、ぜひ出してみてくださいね。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美顔の画像
シミやそばかすを作らない為に身体の内側からのケアを助けてくれるお勧めサプリは?

日差しも強くなり、シミやそばかす対策が気になる季節になってきま

フルーツ盛りの画像
酵素不足を補いダイエットや身体の不調改善には話題の酵素サプリメントがお手軽で効果的

最近、「酵素ダイエット」とか、「酵素で健康」など、酵素という文

ニキビの画像
大人ニキビが出来る原因と対処法は?ニキビが出来ない肌を目指すお勧めコスメ3選

朝起きて鏡を見ると、昨日は無かったはずの大人ニキビがポツポツと

妊婦の画像
妊娠中の便秘に安心成分のサプリは?善玉菌を増やすビートオリゴ糖でお腹の赤ちゃんに優しく解消

妊娠中は色々な悩みやトラブルを抱えてしまいます。 その中でも

夏野菜カレーの画像
夏野菜カレーで夏バテ知らず!夏野菜の栄養効果とカレーの組み合わせは最強だ!

夏はやっぱりカレーですね。 そうめんや冷し中華など冷たくてあ

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑