ボジョレーヌーボー解禁日間近!まずいは本当?美味しい飲み方やよく合う料理6品

ワインで乾杯の画像
今年もボジョレーヌーボーの季節がやってきます。
この時期、ネットやお店などでボジョレーヌーボー予約販売のお知らせを目にする機会も多いのではないでしょうか。

ボジョレーヌーボーってどういうもの?なぜ解禁日が決まっているの?美味しくないという人もいるけど本当?合う料理はなに?など今回は、いまさら聞けないボジョレーヌーボーのお話を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link


 

ボジョレーヌーボーとはとういうもの?

ボジョレーヌーボーの「ボジョレー」とは、フランスの南東部にあるボジョレー地域の名前のことで、「ヌーボー」とはフランス語で、新しいという意味です。

このことから、ボジョレーヌーボーとは、ボジョレー地域で造られるワインの中でも、その年に収穫したブドウを、その年に仕上げた新しいワインのことをいいます。

 

日本では、毎年ボジョレーヌーボーの解禁日が近づくと注文予約の受け付けが始まります。

2016年の解禁日は11月17日木曜日です。

この解禁日は世界共通で、毎年11月の第3木曜日午前0時と決まっています。

 

なぜ、ボジョレーヌーボーには解禁日が決まっているのでしょうか?

諸説ありますが、ボジョレー地区のワインは昔からとても人気があり、早く出荷しようと生産者の間で競争が始まった結果、質の悪いワインが流通したため、1967年にフランス政府が11月15日を解禁日として設定したという説が有力です。

 

現在の11月の第3木曜日になったのは1985年からのことです。

以前の11月15日を解禁日とすると土曜日曜にあたる年があり、運輸業者が休日となるため、ボジョレーワインの解禁日が現在の日付に設定されたのです。

 

この「解禁日」が日本でのボジョレーワインの人気に火をつけました。

日付変更線の関係で、日本ではフランスよりも早く、世界一早い解禁日を迎えることになるのです。

 

世界で一番早くボジョレーヌーボーを楽しむことが出来るということから、毎年予約販売が行なわれるほどの人気になっていきました。

現在では、世界への出荷量の1/4ものボジョレーヌーボーが日本に輸入されています。

 

 

ボジョレーヌーボーの楽しみ方は?

毎年ボジョレーヌーボーの解禁で騒ぐから一応飲むけど、あまり美味しくないよね。
という話を耳にしたことはありませんか?

もともとこの時期、地元ではブドウの収穫が出来たことへの感謝と、ブドウの出来栄えを確かめるための「試飲」として飲まれていたものです。

余韻のあるまろやかさを楽しむ赤ワインとはちがい、ボジョレーヌーボーは今年の収穫に感謝しフレッシュさを楽しむ、そういう楽しみ方をするワインなのです。

 

そして、あまり美味しくないね。と言われるもう一つの理由に、価格が高いということがあげられます。

ボジョレーヌーボーは1000円前後ものから、1万円近いものまで販売されています。

一般的にワインは船便で運ばれてくるのですが、ボジョレーヌーボーは解禁日に合わせる為、空輸となってしまいます。

その分コストが上乗せされ、普段のワインよりも割増価格で販売されてしまうのです。

 

質よりも割増価格で販売されるため、同じ値段を出せばもっと美味しいワインが買えるね。

と思われることも、ボジョレーヌーボーが美味しくない、と言われることの一因となっています。

しかし、日本ではボジョレーヌーボーの解禁日にイベントが数多く行われ、お祭り騒ぎが始まります。

スーパーやコンビニの店頭にもボジョレーヌーボーがずらりと並びます。

出来立てのフレッシュな美味しさを味わいながら、世界一早い解禁日を楽しむお祭り、これがボジョレーヌーボーの日本流の楽しみ方ではないでしょうか。

 

 

ボジョレーヌーボーを美味しく頂くためには

フレッシュさが特徴のボジョレーヌーボーは少し冷やして飲むのがお勧めです。

冷蔵庫で1~2時間冷やしたくらいの10度~14度くらいの温度が飲みごろです。

 

また、ワインはグラスで味や香りが変わる飲みものです。

ボジョレーヌーボーを美味しく飲むためにはチューリップ型のグラスが良いでしょう。

チューリップ型のグラスも様々なものがありますが、軽い赤ワインを飲むときに使われるようなグラスがお勧めです。

 

お勧めのグラスはこちら
 

 

ボジョレーヌーボーに合う料理は?

さらに美味しく楽しく頂くために、ボジョレーヌーボーとよく合う、美味しい料理を紹介します。

ボジョレーヌーボーにはさっぱりとした料理が良く合います。

白ワインを頂くときの料理をイメージすると良いのではないでしょうか。

 

サーモンのマリネ

マリネの画像
ボジョレーヌーボーにマリネは定番ですね。

あっさりして爽やかで、料理の味もワインの味も引き立ちますね。

 

キッシュ

キッシュの画像
野菜の甘みがボジョレーヌーボーと、とてもよく合います。

お勧めの野菜はパプリカです。彩りもよくワインも美味しく頂けます。

 

牡蠣のアヒージョ

アヒージョの画像
牡蠣が美味しきなる季節ですね。アヒージョにしてパンを浸しながらボジョレーヌーボーを頂くのは最高です。

 

チーズホンデュ

チーズフォンデュの画像
フレッシュなワインとフレッシュな野菜をチーズホンデュでいかがですか。

パーティーが盛り上がりそうですね。

 

鶏ハム

鶏ハムの画像
あっさりとした塩味の鶏ハムは少し冷えたボジョレーヌーボーにぴったりです。

 

ローストビーフ

ローストビーフの画像
やっぱりワインにはお肉が欲しい、という方にはローストビーフがお勧めです。

 

 

まとめ

いかがでしたか、いまさら聞けないボジョレーヌーボー解禁日の話や、楽しみ方、合う料理などを紹介してきました。

今年も解禁日が待ち遠しいですね。

美味しい料理と楽しみ方で素敵なボジョレーヌーボーを味わってくださいね。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

じゃがいもの画像
じゃがいもがダイエットに最適な理由と低カロリーレシピ|その栄養素は病気予防や美容にも役立つ?

じゃがいもは炭水化物ですが、ダイエット食に向いているというとこ

冷たい麺の画像
話題の冷やし麺ダイエット!レジスタントスターチ効果を生かす栄養バランスが摂れ食べて痩せるレシピ5種

今年も夏がやってきますね。 夏までに何とか痩せようと頑張って

弁当箱の画像
夏の保冷機能付きお弁当箱5選!食中毒対策のお弁当作りの基本5ヵ条

夏のお弁当作りに頭を悩ませていませんか。 朝から暑いこの季節

抜け毛の画像
抜け毛対策の育毛剤選びのポイントはリデンシル!今話題の育毛成分配合を選べき理由

古くから「髪は女の命」と言いますが、男性にとっても髪の毛は重要

ガザニアの画像
夏のガーデニングで手入れが楽な多年草5選と失敗しない育て方選び方

暑い夏がやってきますね。 通勤や通学、お買い物に出かける時、

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑