節分の鬼の衣装の作り方!保母さん必見!100均でもここまで出来る

豆まきのイラスト
2月には、子供たちにとっては楽しくもあり、怖いイベントとして「節分」がありますね。
お子さんがいるご家庭や、保育園や幼稚園で先生をされている方たちは、毎年どんな方法でイベントを盛り上げているのでしょうか。
今回は、お父さんお母さん、保育園や幼稚園の先生が簡単に作れる、節分の鬼の衣装について紹介したいと思います。

Sponsored Link


 

節分とはどんなイベント?

節分とは、季節の変わり目のことを指します。
イベントとして有名なのが、2月3日に行われる節分です。

本来節分と呼ばれるタイミングは1年に4回、「立春」「立夏」「立秋」「立冬]
と書く季節ごとにあります。

その中で1年の始まりは春といわれていたため、立春のタイミングに行われています。

また、諸説ありますが、2月4日の立春ではすでに春が始まっているため、その前日の3日に節分を行うといわれているようです。

節分は、大晦日みたいな位置づけだったのですね。

 

どうして鬼と豆?

煎り豆の画像 鬼と豆が出てくる理由としては、昔鬼が出た際に、豆を鬼の目に当てて退治したことから来ているといわれているようで、「魔(=鬼)を滅っする」という言葉から、豆をまいて鬼を退治するという風習が定着したといわれているようです。

また、豆まきはその家の年男が撒くのが一般的ですが、最近では家族全員で豆まきをするのが定着してきているようです。

節分の豆まきは、生の豆ではだめなことを知っていましたか?

豆から目が出てくると、鬼に芽が生えてしまうという言い伝えから、豆まきの豆は“煎り豆”と決まっているようです。

また、煎る=射ると連想されることから“鬼を射る”と言われていたり、大豆を鬼に見立てて煎ることで封じ込めるなどの意味も込められているようです。

豆を年齢の数食べると健康で過ごせるといわれていますが、大豆=鬼を食べて退治するという意味もあるそうです。

では、イベントの内容が分かったところで、衣装の作り方を紹介したいと思います。

 

鬼の角の作り方

☆材料☆
・黄色のフェルト  2枚
・黒色のフェルト  1枚
・ヘアピン     1本または2本(より安定させるにはゴムもおすすめ)
全て100均でそろえられます。
★作り方★
1 フェルトを半径8cmの円状に切ります。
2 ①の円を3等分して扇形に切ります。
3 ②で作った扇形をそれぞれ円錐になる様に縫い合わせます。
4 ③で縫ったフェルトをひっくり返します。
5 円錐の底部分を別のフェルトに乗せ、型を抜き、切ります。
6 切ったフェルトの真ん中に、2cmくらいの間隔をあけて平行に穴を2つ開けます。
7 ④の円錐と⑥の底をボンドや接着剤でくっつけます。
8 黒色のフェルトを幅1cm長さ20cm程度に3~4本作ります。
9 ⑦の円錐に⑧のフェルトを均等に巻いて、ボンドや接着剤でくっつけていきます。
10 (黒色のフェルトは、長すぎる場合は切ってください!)
11 最後に底に開けた穴にヘアピンやゴムを通せば完成です。
半径8cmの円からは3つ作れます。
大人用の場合、半径10cmの円で作ってもいいと思います。

あまり難しくないので、お子さんと一緒に作っても楽しいと思います。
もし針を使うのが心配な場合は、フェルトの代わりに画用紙で作り、テープで接着すれば、より簡単に作れると思うので、試してみてください。

鬼の衣装の作り方 女性用

☆材料☆
・黄色のビニール袋  1枚
・ゴム        ウエストの長さ
・黒色の油性ペン(ポスカがおすすめ)
★作り方★
1 黄色のビニール袋を、好きな丈の長さに、袋の底側から切ります。
2 ①の袋に黒色のペンでシマをつけていきます。
3 上の部分を3cmほどのところで2回折って、テープなどで止めます。
(ゴムを通すための入り口を1cm程度開けておいてください!)
4 ③の折った部分にゴムを通して、ちょうどいい長さでゴムを結びます。
5 裾の部分を好きな大きさの三角形分切り抜きます。
6 切った部分をテープで止めたらパンツの完成です!
女性用は④の時点で、簡単に鬼のパンツ代わりの鬼のスカートが完成です。

ビニール袋だと、失敗しても問題ありませんし、採寸などの面倒な作業もなくて済むため簡単に作ることができます。
お子様用も簡単に作れるため、ぜひやってみてください。
あわせて読みたい記事
100均だけで出来る節分飾りの作り方!【動画】折り紙で作る飾りの折り方

 

最後に

節分は、地域によって行事がさまざまあると思います。
お子さんと一緒に、住んでいる地域の文化を調べてみるのもいいかもしれません。

今年の節分は、手作りのアイテムで、楽しいイベントにしてください。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

じゃがいもの画像
じゃがいもがダイエットに最適な理由と低カロリーレシピ|その栄養素は病気予防や美容にも役立つ?

じゃがいもは炭水化物ですが、ダイエット食に向いているというとこ

冷たい麺の画像
話題の冷やし麺ダイエット!レジスタントスターチ効果を生かす栄養バランスが摂れ食べて痩せるレシピ5種

今年も夏がやってきますね。 夏までに何とか痩せようと頑張って

弁当箱の画像
夏の保冷機能付きお弁当箱5選!食中毒対策のお弁当作りの基本5ヵ条

夏のお弁当作りに頭を悩ませていませんか。 朝から暑いこの季節

抜け毛の画像
抜け毛対策の育毛剤選びのポイントはリデンシル!今話題の育毛成分配合を選べき理由

古くから「髪は女の命」と言いますが、男性にとっても髪の毛は重要

ガザニアの画像
夏のガーデニングで手入れが楽な多年草5選と失敗しない育て方選び方

暑い夏がやってきますね。 通勤や通学、お買い物に出かける時、

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑