ムートンブーツの洗い方と洗剤は?良い状態を長く保つお手入れの5つのポイント

ムートンブーツの画像
秋、私が一番履くのがムートンブーツです。

寒くなり始め、一番最初に取り入れやすい秋冬アイテムです。

Tシャツ+デニムのパンツを合わせたカジュアルなコーディネートはもちろん、ワンピースに合わせると可愛いコーディネート、シャツ+細身のパンツでかっちりコーディネートにも合わせやすいと、大活躍です。

 

秋冬の長い期間履いていると蒸れてしまったり、雨や雪で濡れてしまったりすると、“お手入れしたいなぁ”と思いませんか?

ですが、どうやったら良いのか、どんな洗剤を使ったら良いのか、疑問に思いませんか?

 

そんな疑問を解決しようと思います。

Sponsored Link

ムートンブーツはお手入れってしたほうが良い?

そもそも、ムートンブーツはお手入れしたほうが良いのでしょうか?

答えはYESです。

汗が原因の脂汚れや、雨や雪解けで濡れてしまったシミが、そのまま残っていると、カビが生えてしまったり、傷んでしまいます。

 

そうなってしまうと次に履こうと思った時に汚れが目立ってしまい、それだけで気分が下がってしまいます。

せっかくのおしゃれアイテム、気分よく履きたいですよね!

 

また、しっかりお手入れをしないでしまってしまうと、次のシーズンには痛みが激しく、履けなくなってしまうのは、もったいないです。

 

 

どんなお手入れ方法が良いの?

では、お手入れするにはどうしたら良いのでしょうか?

丸洗い?ブラッシング?クリーニング?

お手入れといってもいろんな方法があると思います。

 

まず、自分でやれる自信がない、不器用で怖いなどであれば、クリーニングに出すのがおすすめです。

お店によって金額はまちまちですが、¥5,000前後でやってもらえます。

 

最初にお手入れの道具や洗剤を準備することを考えると、あまり高くない金額なのではないでしょうか。

しかし、クリーニングに出すと、戻ってくるまでに時間がかかることがあります。

 

また、季節の変わり目以外にもお手入れをする場合には、回数によっては総額が高くなってしまうと思います。

ムートンブーツを履く回数が多い方には、不向きかもしれません。

そんな方におすすめなのが自分でお手入れする方法です。

 
  1. これからムートンブーツを買う場合は、買ったらすぐに防水スプレーをかけることをおすすめします。
この防水スプレーは万能で、水分はもちろん、泥汚れなども防いでくれます。
  1. 使い終わったら、その日のうちにブラッシングをしましょう。
そうすることで、ほこりや少量の土などを落とすことができます。
  1. 内側には、消臭除菌効果のあるスプレーをして、清潔を保ちましょう。
  2. 天日干しは色落ちの原因になるため、日陰干しをしましょう。
  3. ブーツ用の除湿乾燥剤を入れて、汗などの湿気を除去することもおすすめします。
これらを意識して毎回行うことで、長い間良い状態で履くことができます。

 

 

簡単に落ちない汚れはや傷は?

上であげた様なお手入れの仕方で、ブラッシングをしても落ちない汚れがある場合、自分でお手入れするにはどうしたら良いのでしょうか?

汚れに関しては、クリーナーやクリーニングスプレーを使ってお手入れすることをおすすめします。

 

クリーナーといっても、種類がたくさんあり、同じムートンブーツでも、メーカーや素材によって使える物が限られるので、靴を買ったお店に聞くか、靴屋さんに持って行って教えてもらうのが良いと思います。

 

また、どうしても水洗いをしたい場合は、洗濯表示で水NGの表示がなければ手洗いで洗うと良いと思います。

脱水の際には、洗濯機を使うと形が崩れてしまう可能性があるので、優しく手で押すようにしてください。

使える洗剤ですが、こちらにも種類があり、どんな素材を使っているかで変わります。

 

 

まとめ

ムートンブーツ以外の靴でも、素材やブランドによって使えるクリーナーや洗剤があります。

靴を買うときに、一緒に買っておいたり、調べておくことで、自分で簡単にお手入れをすることができます。

 

せっかく気に入って買った靴は、お手入れをこまめに行って、長い間履きたいですね。

この記事を読んでいただいて、少しでも興味を持っていただき、お役に立てたら良いなと思います

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑