ダウンジャケットを守る洗濯のコツは?おしゃれ着は中性洗剤との組み合わせが最高

ダウンジャケットのタグの画像
大人から子供まで、冬になると手離せないのがダウンジャケットですよね。

クリーニングに出すと値段も高く、ついついシーズンが終わるまで着続けてしまいます。

 

しかし、ダウンジャケットは家で洗濯をすることができるのです。

これから簡単にできるダウンジャケットの洗濯方法を説明していきます。

Sponsored Link

洗濯できるダウンジャケットと、出来ないダウン

まず、洗濯にとりかかる前に絶対に確認しなくてはいけないことがあります。

「洗濯表示マーク」です。

 

家庭の洗濯では水洗いしかできません。水洗いに「×」のマークがついているダウンは、家で洗うことができません。

ダウンジャケットを家で洗濯した人の投稿に「水洗いできないものでも大丈夫でした」という書き込みを目にすることがありますが、水洗いできないものにはそれなりの理由があるのでおすすめできません。

 

また、ウールなどの生地を表に使っているようなダウンもクリーニング店に出されることをおすすめします。

失敗してからでは遅いので、洗濯表示マークには必ず従ってくださいね。

 

 

部分洗いで汚れを落とす

子どものダウンジャケットは、首元や袖口がよごれてしまいがち、だけど「どうせまたすぐ汚すからと見てみない振りをしてしまいませんか?

そんな時には部分洗いで、汚れをきれいに落としてみましょう。

 

まず、洗濯用固形石鹸を汚れた部分に塗り、歯ブラシなどで汚れをこすって浮き出させます。

その後やわらかいスポンジで優しくこすり取り、上からシャワーをかけてすすぎます。

 

固形石鹸は、中性洗剤よりも汚れをよく落としてくれます。

しかしアルカリ剤が配合されているため、ダウンの中に入っている羽毛はアルカリ性に弱いのです。

そのため、あまりダウンの中に水が入らないように、流すようにすすぐのがコツです。

 

 

ダウンジャケットを守る洗濯の方法

お気に入りのダウンジャケット、家で洗濯をして、ダウンのボリュームが無くなったり、片寄ったりしないか心配ですよね。

ダウンジャケットは、やさしく丁寧に洗っていきます。

 

まず、桶や洗面台にぬるま湯をはり、おしゃれ着洗いなどに使う中性洗剤をいれます。

そこにダウンジャケットをいれ、スポンジのようなやわらかいもので汚れをこすり取るようにします。

 

そのあと押し洗いをして、ジャケットを洗濯槽にはりつけるように脱水を30秒した後、押し洗いの要領で丁寧にすすいでいきます。

最後に、ジャケットを洗濯槽にはりつけるように30秒ほど脱水をして、裏と表をやわらかく押すように形を整え、日陰で平干しをします。

 

ある程度乾いたらハンガーに干し、日陰でよく乾かしていきます。

洗ったときは、ダウンのふわふわ感はありませんが、乾くとまた戻ってきます。

 

 

まとめ

ダウンジャケットを家で洗濯する方法を説明してきました。

家でダウンジャケットを洗濯することができれば、子どもが外で汚して帰ってきても、高いクリーニング代に悩むことなく、洗濯してあげることができますよね。

 

また、シーズン終わっての家族全員のクリーニング代は大きな出費です。

ぜひ、「ダウンジャケットを家で洗濯する方法」を試してみてください。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑