食生活で輝き続けるお肌を。乾燥を防ぎ保湿を高めるには食べ物が決めて!

お鍋で美容効果の画像
冬の乾燥肌、嫌ですよね。

いくら化粧水や美容液などをしっかりつけてお肌ケアをしていても、一瞬のうちにお肌が吸い込んでしまったかのようなカサカサ肌。

パックをしてもしっとり感が続くのは数時間だけ、そんなお肌の悩みを抱えている人は大勢います。

実は、お肌のケアを一生懸命、外側からしても、体の内側から改善していかないと、カサカサ肌にお別れすることはできないのです。

美味しく食べて、体の内側からうるおい肌を保ちましょう!というお話を、これからしていきたいと思います。

Sponsored Link

肌の保湿を保つ食材

ビタミンA、C、E、これらは総称、ビタミンエースと呼ばれていて美しい肌を保つには欠かせない栄養素です。

そこに、お肌の弾力を保つためのコラーゲンが加わってきます。
  • ビタミンAは皮膚の潤いを保ちます。ウナギや青魚、卵や緑茶にも多く含まれています
  • ビタミンCはコラーゲンの育成を促す作用があります。パプリカやレモン果物に多く含まれています。
  • ビタミンEは血行を促進し、老化の原因と考えられている脂質の酸化物を分解してくれます。ゴマや大豆などに多く含まれています。
コラーゲンは手羽先や魚のあらなどに多く含まれています。

それでは、このような食材を使ってどのような料理を作れば、肌の保湿を保てる食事になるのでしょう。

 

肌の保湿を保つためにいい食材を使った料理

もつ鍋はいかがでしょう。

野菜もたくさん取れてコラーゲンもたっぷりです。

最後のシメは雑炊にして卵を混ぜ合わせ、ゴマをふりかけます。

デザートに果物を用意すれば、お肌の保湿を保つ最適な食事になります。

もつ鍋の本場といえば博多。

美味しい博多風もつ鍋の作り方はこちら

次に、手羽先の甘辛煮を紹介します。

コラーゲンたっぷりの手羽先をビタミンAが豊富な卵と一緒に甘辛煮にします。

作り方は簡単、水に鶏がらスープの素を入れて、醤油、砂糖で味付けをし、茹でた卵と、手羽先を煮れば、お肌に保湿効果のある、美味しいお料理の出来上がりです。

人参やごぼうなども一緒に入れて煮るといいですね。

 

乾燥肌を進行させる食事

これまで、お肌の保湿効果を高める食材や料理を紹介してきましたが、乾燥肌を進行させてしまう食事というのがあります。

太るのが気になるから、といって油をひかえる食事になっていませんか?

油が足りないと乾燥肌をさらに進行させる原因になってしまいます。

ナッツやオリーブオイル、青魚に含まれる油は美肌効果をもたらしてくれます。

お肌にいいからと、生野菜をたくさん食べていませんか?

生野菜をたくさん食べると、体を冷やし、血行を悪くしてしまいます。

野菜をとるときには温野菜にしてたくさん食べるほうがビタミンを効率よく摂取できるのです。

 

まとめ

食べ物でお肌の乾燥を防ぎ保湿を高める、というお話をしてきました。

毎日の食事を少し見直すだけで、潤いのある健康なお肌を取り戻すことができます。

化粧品や、サプリメントに頼ることなく、規則正しい食事を心がけ、生き生きとした潤いのあるお肌を手に入れてください。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

じゃがいもの画像
じゃがいもがダイエットに最適な理由と低カロリーレシピ|その栄養素は病気予防や美容にも役立つ?

じゃがいもは炭水化物ですが、ダイエット食に向いているというとこ

冷たい麺の画像
話題の冷やし麺ダイエット!レジスタントスターチ効果を生かす栄養バランスが摂れ食べて痩せるレシピ5種

今年も夏がやってきますね。 夏までに何とか痩せようと頑張って

弁当箱の画像
夏の保冷機能付きお弁当箱5選!食中毒対策のお弁当作りの基本5ヵ条

夏のお弁当作りに頭を悩ませていませんか。 朝から暑いこの季節

抜け毛の画像
抜け毛対策の育毛剤選びのポイントはリデンシル!今話題の育毛成分配合を選べき理由

古くから「髪は女の命」と言いますが、男性にとっても髪の毛は重要

ガザニアの画像
夏のガーデニングで手入れが楽な多年草5選と失敗しない育て方選び方

暑い夏がやってきますね。 通勤や通学、お買い物に出かける時、

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑