今年も気になる!2015今季トレンドのニットコーデ 【レディース編】

ニット レディースカラーの画像
冬が近づいてくると、気になるアイテムの1つ、ニットアイテム。

もうすでに店頭に並んでいるのを見かけますが、今年はどんなアイテムがトレンドなのか、暑い時期から楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

そこで、ニットアイテムの今季のトレンドと、チェックしたいブランドについてまとめてみました。

 

Sponsored Link


ニットアイテムの今季のトレンド

ニットアイテムの今年のテーマは“可愛らしい女性”です。

また、昨年あたりから人気が急上昇いているプチプラコーデも今季おすすめです。

今季注目したいのが ”マニッシュ”  と  ”メンズライク”です。

 
  • ニットにテーラードのパンツやジャケットを合わせることで、男性的なコーディネートをするマニッシュ
  • 大きめのサイズの男性洋服を着ているように見るメンズライク。どちらも男性のファッションを取り入れたようなコーディネートで、逆に女性らしさを強調してくれるのが特徴です。
次に今年持っておきたいカラーは、昨年も人気があった、パステルカラーより少しくすんで見える落ち着いたカラーの”ダスティパステル”です。

また、冬ニットの定番”白”のアイテムもおすすめです。

 

 

今季おすすめのニットアイテム

私がおすすめするコーディネートでお手本にしたいのが70年代ファッションです。

70年代は、定番よりも個性的なファッションが流行っていた時代だそうです。

特に、ワイドタイプのデニムやAラインワンピース、サロペットなどが人気だったようです。

また、毎年秋から注目したいカラーに、”マスタード”と”オーブグリーン”があります。

どこのブランドでも必ず出ていて、秋冬には欠かせないカラーですが、70年代のトレンドカラーだったそうです。

トップスやボトム、ワンピースなどに取り入れるのに抵抗がある方は、カーディガンやニット帽、シューズなどに取り入れるだけでもおしゃれですね。

 

 

デートにおすすめのニットコーデ!

トレンドニットアイテムを使った、デートにおすすめのコーディネートを紹介します。

ワンピース+ニットカーディガン

定番ではありますが、やはりデートにワンピースは欠かせませんよね?

普段ワンピースをあまり着ない方は、少し丈の長めのミモレ丈を選ぶと、あまり抵抗なく着られると思います。

 

メンズライクのニット+細身のデニム

体系が気になる方におすすめのコーディネートです。

トップスに大きめのサイズを合わせることで、二の腕やお腹まわり、腰まわりまで隠すことができ、華奢に見せてくれる効果があります。

また、ボトムに細身のデニムを合わせることで、バランスが取りやすく、だらしない印象になりにくく、デートにもおすすめです。

 

 

チェックしたいブランド

 
  1. IENA SLOBE    OLさんも使えるアイテムが豊富なブランド!
  2. URBAN RESEARCH    カッコいい女性を目指すならおすすめ
  3. LOWRYS FARM    リーズナブルで、可愛らしいアイテムが多い為、若い方に人気!
  4. JEANASiS    変わったデザインが多く、個性的なファッションにおすすめ
 

 

まとめ

これから多くなるイベント、予定がある人も、そうでない人も、この記事を読んで今季のニットファッションの参考にあったらいいなと思っています。

ニットアイテムは、何枚あっても良いと思います。

ぜひ、いろんなコーディネートを楽しんでください。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

インフルエンザの画像
インフルエンザB型のうつる期間やA型との症状の違い。予防接種の費用や副反応を解説

インフルエンザが猛威をふるう季節がやってきます。 毎年流

インフルエンザの画像
インフルエンザに感染すると出勤停止になる?給与はどうなる?有給を有効的に使える?

病院で検査をして、インフルエンザです、と告げられると焦ってしま

静電気の画像
静電気防止に柔軟剤が効く!?静電気防止に有効な理由とおススメ柔軟剤5選

冬のバチバチくる静電気、嫌ですよね。 私は静電気が怖いの

赤ちゃんとママの画像
ロタの予防接種は必要か?気になる費用や心配な副作用は?感染を未然に防ぐのが最も重要な理由

ロタウイルスは、0歳から5歳の乳幼児が感染しやすい、急性胃腸炎

秋の花粉症の画像
秋の花粉症飛散のピーク時期はいつ頃?原因になる植物を知っておくのが予防のコツ

花粉症のシーズンは終わっているのに、また鼻水やくしゃみ、目の痒

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑