土用の丑の日は年4回あった!夏バテ予防にうなぎを食べなきゃ夏は来ない。

うな重の画像
みなさん、暑い夏に負けていませんか?

そろそろコンビニやスーパー等に
「土用の丑の日。うな重ご予約承り中」
なんて広告やのぼりが立っているのを目にする機会が多くなってきたのではないでしょうか?

そこで今回は、3分で分かる土用の丑の日について調べたことをお届けしたいと思います。

Sponsored Link

土用の丑とは?

そもそも土用とは、立春、立夏、立秋、立冬(四立)の直前の約18日間のことで、実は年に四回あります。

普通、土用の丑の日といえば夏のことを指すのが一般的で、つまり立秋の直前の18日間ということになります。

丑の日のとは、もちろん十二支の丑のことですね。

つまり、土用の中で丑の日に当たる日のことなんです。

ちなみに、土用の最初の日が土用の入り、最後の日は節分です。

なので、実は節分も年に4回あるんですね!

これ、初めて知りました。

「季節を分ける」と書いて節分。

こちらも一般的に知られているのは春の事なので、立春の前日になります。

ちょっとしたマメ知識ですよね。

うなぎを食べながら、さらっと話すとインテリ感があるので、是非使ってみては?

 

なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるの?

栄養価が高いうなぎを食べて、夏を乗り切るという習慣自体は古くからあったらしいですが、
もともとの由来はいくつかあり、その由来については諸説ありますが、なかでも一番有力とされているのが、

 

「平賀源内が考案した説」と言われています。

どのような話か簡単に説明すると、実はうなぎの旬は秋から冬。

夏は味が落ちてしまい売れなくなってしまうので、困ったうなぎ屋さんが平賀源内に相談したところ
「本日丑の日」と書いてお店の前に貼り紙をしたら、すごく繁盛し、まわりのうなぎ屋さん達もこぞって真似をして、
それがドンドン広まって土用の丑の日にうなぎを食べるのが定着した、

と言われるものです。

なぜ貼り紙をしただけで繁盛したのか?

これまた当時の習慣で、丑の日に「う」の文字がつく食べ物を食べると夏に負けない」といわれていた為、
繁盛したのではないかと言われています。

 

うなぎを食べると本当に夏バテ防止効果がある?

夏バテとは、夏の暑さのせいで自律神経が乱れることにより、食欲が出なくなったり、体がだるく倦怠感を感じる等の様々な症状のこと。

そんな夏バテ解消に良いとされるのが、十分な休養を取る事、そしてしっかりとした栄養補給です。

なかでも、ビタミンやタンパク質が不足してしまうと夏バテになりやすい状態になってしまいます。

うなぎは高タンパクで、栄養素の中で最も多いのがビタミンAと言われています。

うなぎを夏に食べるきっかけは偶然であったかもしれませんが、栄養素の面から言っても理に適っていたという訳です。

 

まとめ

ここ数年はうなぎ資源の減少や輸出の規制などで残念ながら毎年価格が上がっています。

うなぎ大好きな私にとってはとても頭が痛い問題ですが、

やっぱりうなぎは日本の夏の代名詞。

土用の丑の日くらいはちょっとだけ奮発してうなぎを食べて、暑い夏に負けないように頑張りましょう!

それでは。

Sponsored Link
Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒天の画像
寒天をダイエットに上手にとりいれる方法。トマトと寒天はダイエット最強コンビだった!

いくらダイエットを頑張っても、ほとんど効果を感じることなく諦め

母乳を飲む赤ちゃんの画像
母乳が出ないのは栄養不足だから?産後の母乳に良い2大ハーブの効果と効能

ママになると誰でも一度は母乳についての悩みを抱えてしまいますね

寝不足の画像
休息不足がひき起こす体調不良とは?睡眠障害を解消させる5種の成分の上手な摂り方

何だか毎日体がだるい、よく寝たつもりなのに疲れがとれない、そん

更年期の画像
女性ホルモンの減少を抑え更年期を乗りきるコツとは?更年期障害を緩和させる成分エクオールを作る

女性にとって閉経前後に迎える更年期は避けては通れない道ですが、

間接通の画像
骨量を減少させない対策とは?カルシウムの吸収率を最大限に引き出す栄養バランスの摂り方

人は生きている限りみんな歳を重ねるのですが、加齢に伴う老化現象

→もっと見る

ツールバーへスキップ
PAGE TOP ↑